剣淵町ふるさと納税返礼品を募集します!

ふるさと納税制度は、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度で、今や誰もが知る制度となりました。

剣淵町では、地元特産品等のPRや、町内産業の振興、地域の活性化に繋げるため、ふるさと納税のお礼品を制度開始以来、年々増やしてきており、現在、農産物やジンギスカン、更には絵本等を取りそろえており、合計43品をラインアップしています。

現在町では、ふるさと納税の更なる増加を目指し、町の魅力発信、ブランド力の向上を図るため、新たな返礼品のご提案を募集します。
事業者の皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております。

 

~返礼品を出品する事業者のメリット~

◎ 道内・道外に幅広く商品のPRができます!

町が作成するふるさと納税の紹介パンフレットや「ふるさと納税サイト(ふるさとチョイス・楽天ふるさと納税・さとふる)」に無償で商品(写真付き)や事業所名を掲載できます。また、返礼品に自社の商品パンフレットを同封することも可能であるため、更なる販路拡大や事業所のPRが期待できます。

◎ 返礼品の送料はかかりません!

返礼品の費用と送料は当町で負担するため、事業者側での費用負担は発生しません。

 

~返礼品を出品する事業者の条件~(次の3つの条件を満たしていること)

① 返礼品として取り扱う商品やサービスについての製造、販売、営業に関する各種資格や営業

許可を取得していること

② 電子メールを利用できる環境を有していること

③ 迅速かつ確実に返礼品を提供できる能力を有していること

 

~返礼品にできる条件~(次の5つの条件を満たしていること)

① 町内で生産、製造、加工、またはサービスが行われているものであること。(ただし製造所

または加工場が町外に所在する場合は、町内で生産されたものを原材料に使用しているものに

限ります。)

② 次に掲げる要件のいずれかに該当するものであること。

(1)本町の特産物またはゆかりのある商品

(2)本町での宿泊・体験・施設利用のチケット等

(3)その他本町のPRにつながる商品またはサービス

③ 受注後、速やかに発送準備が完了できるものであること。(飲食物の場合は、消費期限が7

日以上確保できるものであること)

④ お礼品の価格(梱包料・送料は除く)が寄付額の30%以内であること。(寄付額の下限は

10,000円)

⑤ 換金性及び転売の可能性が低いもの

 

~返礼品の応募方法~

上記の各条件を満たしていることを確認の上、「剣淵町ふるさと納税返礼品応募申込書」に必要事項を記載の上、総務課企画財務広報グループに提出してください。

(電子メールによる提出も可です。メールアドレス:kbc-hurusato@town.kembuchi.hokkaido.jp)。

返礼品に関するご相談や応募受付は随時行っています。皆様の多数の応募をお待ちしております。

 剣淵町ふるさと納税返礼品応募申込書(docファイル)

 

お問い合わせ先:剣淵町総務課企画財務広報グループ ふるさと納税担当

☎0165-26-9021 FAX0165-34-3955

新型コロナウイルス感染症防止に係る北海道からのお願い(5月5日~5月11日)

皆様には、北海道内における感染防止行動の実践をお願いします。

 

 

 

お問合せ先 総務課 ☎26-9021

「さくららら」写真絵本原画展

催日時:5月1日(土)~5月31日(月)

開催場所:絵本の館  鑑賞無料

 

レークサイド桜岡温泉浴場配管修理

休館期間 5月21日(金)~31日(月)まで

 

一般行事 日(曜日) 教育関係
トレーニング室土曜開放日(10:00~17:00) 1(土)  
公衆浴場休業日(健康センター) 2(日) こいのぼりをつくろう(10:30 絵本の館)
公衆浴場休業日(健康センター) 3(月)

憲法記念日

Tシャツづくり(14:00 絵本の館)
公衆浴場休業日(健康センター) 4(火)

みどりの日

絵あわせカードをつくろう(11:00 絵本の館)
公衆浴場休業日(健康センター) 5(水)

こどもの日

 

タマゴのオブジェ(11:00 絵本の館)
トレーニング室夜間開放なし(健康センター)
  6(木)  
  7(金)  
トレーニング室土曜開放日(10:00~17:00) 8(土)  
公衆浴場休業日(健康センター) 9(日)  
  10(月)  
レークサイド桜岡温泉入浴割引(300円) 11(火)  
トレーニング室夜間開放日(17:00~20:00 健康センター) 12(水)  
ふれあい昼食会(10:30 健康センター) 13(木)  
芸術アカデミー陶芸教室(仲町うつわや) 14(金)  
トレーニング室土曜開放日(10:00~17:00) 15(土) 真ちゃんの創作教室(13:30 絵本の館)
公衆浴場休業日(健康センター) 16(日)  
  17(月)  
  18(火)  
トレーニング室夜間開放日(17:00~20:00 健康センター) 19(水)  
  20(木)  
堆肥販売会(9:00 堆肥化施設)

21(金)
 
芸術アカデミー陶芸教室(仲町うつわや)
トレーニング室土曜開放日(10:00~17:00) 22(土)  
公衆浴場休業日(健康センター) 23(日)  
  24(月)  
  25(火)  
トレーニング室夜間開放日(17:00~20:00 健康センター) 26(水)  
  27(木)  
芸術アカデミー陶芸教室(仲町うつわや) 28(金)  
トレーニング室土曜開放日(10:00~17:00) 29(土)  
公衆浴場休業日(健康センター) 30(日)  
  31(月)  

 

新型コロナウイルス感染防止に関する北海道からのお願い(ゴールデンウィーク期間)

 

ゴールデンウイーク期間における、新型コロナウイルス感染拡大防止として、皆さまの感染防止行動の実践をお願いします。

 

 

お問合せ先 総務課 ℡0165-26-9021

新型コロナウイルス感染防止に関する北海道からのお願い

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お一人お一人の感染防止行動の実践をお願いします。

 

 

 

お問合せ先 総務課 ℡0165-26-9021

令和3年4月から結婚新生活支援事業が始まりました!

 

この事業は、子育て支援事業の取り組みとして、若者の希望する結婚が、それぞれ希望する年齢でかなえられるような環境を整備し、経済負担を軽減することを目的としています。

 

◎引越費用や住宅取得費、賃貸住宅の経費が対象となります。

 

〇補助対象世帯は次のすべてに該当する夫婦となっています。        

・新婚世帯 令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に婚姻届けを提出し、受理された夫婦

・世帯の所得が400万円未満であるもの

「世帯の所得の算出方法」

令和2年1月1日から令和2年12月31日までの間の夫婦の所得を合算した金額とする(申請日が4月から7月までの場合は平成31年1月1日から12月31日までの間の夫婦の所得を合算した金額)。ただし、(ア)(イ)の場合にあっては、それぞれに記載する計算方法により算出した金額とする。

・夫婦の双方または一方が離職し、申請時において無職の場合

離職した者については、所得なしとして夫婦の所得を算出する。

・貸与型奨学金(公的団体または民間団体より、学生の修学や生活のために貸与された資金をいう。)の返済を現に行っている場合

所得証明書をもとに算出した世帯の所得から貸与型奨学金の年間返済額を控除した金額

・夫婦ともに婚姻日における年齢が39歳以下であること。

・対象となる住宅または物件が剣淵町内にあること。

・申請時に夫婦の双方または一方の住民票の住所が当該住宅または物件の住所となっていること。

・過去にこの制度に基づく補助を受けたことがないこと。

・同一世帯に属する者全員が地方税および上下水道料金等、町への納入金を完納していること。

 

〇補助上限額 30万円 次の費用が対象となります。                          

〔補助対象経費〕

(1)住宅費(結婚を機に新たに住宅を取得する際に要した経費、物件の賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)※住宅手当が支給されている場合は、住宅手当分については補助対象外とする。

(2)引越費用

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に支払った婚姻に伴

う引っ越し費用で、引越業者または運送業者への支払いに係る実費

 

〇補助申請期限                             

令和4年3月31日まで

 

〇申請窓口                             

剣淵町役場総務課(2F)

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先 剣淵町役場総務課企画財務広報グループ

(℡ 0165-26-9021)

 

 

国は、多くの国民への新型コロナワクチンの接種により、発症や重症化の予防や、医療への負担の軽減、更には社会経済の安定につながることが期待されていることから、対象となるすべての国民に提供できる数量の確保を目指しています。

剣淵町においても、新型コロナワクチンが承認された場合に速やかな接種が可能となるよう、国が示すワクチン接種の優先順位を踏まえ、接種体制づくりを進めています。

5月以降に高齢者から順次接種できるよう準備を進めています。

 

随時、ホームページを更新、また町内回覧や新聞折込チラシ等でご案内いたします。

 

※公開日時点の情報であるため、今後変更の可能性があることをご了承ください。

 

ワクチン接種に関する同意について

強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、しっかり情報提供をおこなったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

 

 

ワクチンの優先順位について

国が示す優先順位に応じて、順次接種を進めていく予定です。接種の優先順位は、以下のように想定されています。

 

【グループ1】医療従事者

医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

 

【グループ2】65歳以上の高齢者

高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32(1957)年4月1日以前に生まれた方)

 

【グループ3】基礎疾患のある方

①令和3年度中に65歳に達しない方であって、以下の病気や状態で通院・入院している方・慢性の呼吸器の病気

▷慢性の心臓病(高血圧を含む。)
▷慢性の腎臓病
▷慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
▷インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
▷血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
▷免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
▷ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
▷免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
▷神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
▷染色体異常
▷重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
▷睡眠時無呼吸症候群

  ▷重い精神疾患(精神疾患の治療のため医療機関に入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)

▷知的障害(療育手帳を所持している場合)

②BMI 30以上の肥満の方

 

【グループ4】高齢者施設の従事者

高齢者が入所・居住する社会福祉施設(介護保険施設・居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設)において利用者に直接接する職員。

 

【それ以外の一般の方】

 

※ワクチンの供給量などにより、順位は細分化される可能性があります。

※妊娠中の方や子どもの優先順位、対象となるかどうかなどは、安全性や有効性の情報などをみながら検討されます。

 

接種券(クーポン券)送付・接種スケジュールについて

現在、国が示す優先順位に応じて、対象者の方に順次ワクチン接種の接種券(クーポン券)を発送する予定です。4月~5月はワクチン供給量が極めて少ないため、発送時期が遅れております。ご了承ください。

 

 

対象者 クーポン発送時期 接種開始時期
75歳以上

昭和22年4月1日以前に生まれた方

令和3年4月下旬

(予定)

令和3年5月7日

(予定)

65歳以上75歳以下

昭和22年4月2日

~昭和32年4月1日

に生まれた方

未定

令和3年5月以降を予定しています。

高齢者施設に入所している方は、75歳以上と同じ時期にクーポン券を送付します。

未定
64歳以下

(基礎疾患あり)

未定 未定
64歳以下

(基礎疾患なし)

未定 未定
医療従事者

高齢者施設従事者

別途対応 別途対応

 

※発送区分は、年齢毎にさらに細分化される可能性があります。また、発送時期は変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

接種会場・予約の方法について

○剣淵町立診療所

予約開始日 令和3年4月26日 8時15分~

接種開始日 令和3年5月7日

予約先   剣淵町立診療所 0165-34-2030

予約方法  電話または診療所窓口で直接申し込み

クーポン到着前の予約はご遠慮ください。

今後、接種会場は増える場合があります。

 

接種費用について

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

 

剣淵町に住民票がない方について

住民票所在地ではない市町村で接種を受ける場合は、「住所地外接種届出書」が必要となります。手続きについては、国から示され次第、追ってご案内いたいします。

※長期入院中・施設入所中の方などは、「住所地外接種届出書」の手続きが免除されます。

 

相談窓口について

接種に関する相談窓口があります。ご活用ください。

 

○健康福祉課

電話番号:0165-34-3955

受付時間:8時15分~17時00分

 

○厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分~21時00分

 

 

リンク集

以下のホームページ内では、新型コロナウイルスワクチンに関する情報が公開されております。用途に合わせてご活用ください。

 

○首相官邸「新型コロナワクチンについて」

○厚生労働省「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」

○厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」

○厚生労働省「コロナワクチンナビ」

○COV-Navi「こびナビ

 

過去のお知らせ

令和3年3月25日 戸別配布

令和3年4月8日 戸別配布

 

 

お問い合わせ 健康福祉課保健グループ 電話:0165-34-3955

 

 

剣淵町防災マップ

bousai 

剣淵町防災マップ[PDF形式 335KB] ダウンロード

 

 

剣淵町ハザードマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

P00-23_表紙-わが家の防災メモ ダウンロード
P01-02_避難所一覧表/備えよう ダウンロード
P03-04_大雨について知っておきたいこと ダウンロード
P05-06_警戒レベル/情報の流れと避難の呼びかけ&防災情報 ダウンロード
P07-08_避難の判断/土砂災害 ダウンロード
P09-10_非常持ち出し品/索引図 ダウンロード
P11-12_洪水MAP①25000 ダウンロード
P13-14_洪水MAP②25000 ダウンロード
P15-16_洪水MAP③25000 ダウンロード
P17-18_洪水MAP④25000 ダウンロード
P19-20_洪水MAP⑤7500 ダウンロード
P21-22_ため池MAP25000 ダウンロード

 

 

法人設立に必要なすべて手続きをワンストップでできるサービスがはじまりました。

 

こでまでは、法務局、税務署、年金事務所、ハローワーク、労働基準監督署などそれぞれの機関への手続きが必要となっていましたが、このサービスではオンラインでまとめて手続きをすることができます。

 

 

詳しくは、下記の法人設立ワンストップページをご確認ください。

https://app.e-oss.myna.go.jp/Application/ecOssTop/

 

 

 クリックをすると

法人設立ワンストップページが開きます

 

 

 

 

お問い合わせ  町づくり観光課 ☎0165-26-9022

 

 

 

集中対策期間終了後における感染防止行動の実践についてのお願い

 

北海道からのお願い・・・

新型コロナウイルス感染症集中対策期間が令和3年3月7日(日)をもって終了となりましたが、日常生活においては、引き続き、お一人お一人の感染防止行動の実践をお願いします。

 

 

 

お問合せ 剣淵町役場総務課 ☎0165-26-9021

 

 

新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受けている事業者の皆様へ

このページでは、新型コロナウイルス感染症の流行によって影響を受けている事業者の方へ支援制度をご紹介しています。

制度の詳細については、各連絡先へお問合わせください。

※情報は変更があり次第、随時更新していきます。

また、経済産業省では、影響を受けている事業者の皆様へ支援策を紹介するホームページを開設しています。

こちらから(経済産業省ホームページ)ご覧ください。

 

支援制度一覧(商工業施策分)

◆令和3年3月18日更新:「2.給付金・補助金(8)時短・外出自粛等により影響を受けた事業者への支援

               金【北海道】」を追加しました。

◆令和3年2月12日更新:「2.給付金・補助金(7)売り上げの減少した中小企業者に対する一時金の支給

               【経済業省】を追加しました。

 

1.融資/貸付 お問い合わせ先
(1)剣淵町中小企業特別融資制度【剣淵町】 剣淵町町づくり観光課

℡:0165-26-9022(直通)

(2)セーフティーネット・危機関連保証の認定【剣淵町】 剣淵町町づくり観光課

℡:0165-26-9022(直通)

(3)北海道中小企業総合振興資金【北海道】 上川総合振興局商工労働観光課(商工振興)

℡:0166-46-5944(直通)

※総合振興資金の件でとお伝えください。

(4)日本政策金融公庫による融資【中小企業事業国民生活事業】(新型コロナウイルス感染症特別貸付) 《中小企業の方》

日本政策金融公庫旭川支店

(中小企業事業)

℡:0166-24-4161

所在地:北海道旭川市四条通 9-1704-

12 朝日生命旭川ビル

 

《小規模事業者・個人事業主の方》

日本政策金融公庫旭川支店

(国民生活事業)

℡:0166-23-5241

所在地:北海道旭川市四条通 9-1704-

12 朝日生命旭川ビル

 

2.給付金・補助金 お問い合わせ先
(1)剣淵町中小企業事業継続支援助成金【剣淵町】

※本事業の受付は終了しました。

剣淵町町づくり観光課

℡:0165-26-9022(直通)

(2)北海道の休業要請に伴う支援金【北海道】 <休業協力・感染リスク低減支援金に関すること>

休業協力・感染リスク低減支援金お問い合わせセンター

℡:011-351-6469

 

<経営持続化臨時特別支援金に関すること>

経営持続化臨時特別支援金お問い合わせセンター

℡:011-350-7262

 

<「新北海道スタイル」等に関すること>

北海道経済部経済企画局経済企画課

℡:011-206-0287

(3)持続化給付金【経済産業省】

(中小企業200万円以内,個人事業主等100万円以内で事業全般に広く使える給付金)

持続化給付金事業コールセンター

<8/31以前に申請された方>

℡:0120-115-570または03-6831-0613

 

<9/1以降に申請される方>

℡:0120-279-292または03-6832-6631

 

【申請サポートキャラバン隊会場のご案内】

電子申請が難しい方に,入力のサポートを行う会場が設置されます。

<旭川会場>※12/10~12/23(土曜定休)

北海道旭川市常盤通1

道北経済センター5階

※来訪には事前予約が必要です。【こちら】からご予約ください。

(4)家賃支援給付金【経済産業省】 家賃支援給付金コールセンター

℡:0120-653-930

 

【申請サポート会場のご案内】

電子申請が難しい方に,入力のサポートを行う会場が設置されています。

<旭川会場>※7/15~

北海道 旭川市 7条通6丁目29番地2

アートホテル旭川4階

※来訪には事前予約が必要です。【こちら】からご予約ください。

(5)雇用調整助成金【厚生労働省】

※新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金についてはこちら

(事業主ではなく働く方が申請する休業支援金)

ハローワーク名寄

所在地:名寄市西5条南10丁目

電話:01654-2-4326

(6)働き方改革推進支援助成金の特例(職場意識改善コース)【厚生労働省】 北海道労働局雇用環境・均等部企画課

所在地:札幌市北区北8条西2丁目1-1

℡:011-788-7874

(7)売り上げの減少した中小企業者に対する一時金の支給【経済産業省】※支援施策一覧に移動します。「P.33」をご

覧ください。

現在経済産業省で調整中です。決定され次第、情報を更新します。
(8)時短・外出自粛等により影響を受けた事業者への支援金【北海道】 北海道経済部地域経済局 中小企業課
所在地:北海道札幌市中央区北3条西6丁目
℡:011-204-5331
※個別のお問い合わせは、今後設置するコールセンターでの受付となります。

 

 

 

3.専門家派遣 お問い合わせ先
(1)課題に合わせたオーダーメイド型の助言・指導 【北海道】 新型コロナウイルス感染症対策経営支援センター

(一般社団法人中小企業診断協会北海道内)

所在地:札幌市中央区北4条西6丁目毎日札幌会館4F

℡:011-241-8556

 

4.経営相談 お問い合わせ先
(1)剣渕商工会の経営相談窓口 剣渕商工会

所在地:剣淵町緑町7番1号

℡:0165-34-2648

相談日:平日(月曜~金曜)

費用:無料

対象者:小規模事業者、個人事業主、創業予定者など商工会員・非会員問わず相談可

※あらかじめ上記連絡先にお問合わせください。

(2)専門家による経営アドバイス【経済産業省】 北海道よろず支援拠点(道北支部)

所在地:〒078-8801
北海道旭川市緑が丘東一条三丁目
旭川リサーチセンター内

[ご相談受付時間]
毎週火曜日 9:00~17:30

℡:0166-68-2750

(3)新型コロナウイルス感染症対策支援総合相談窓口(ワンストップ窓口)【北海道】 上川総合振興局 商工労働観光課

℡:0166-46-5940

(4)支援策全般に関する相談(オンライン相談)【経済産業省】 経営相談体制強化事業事務局(オンライン経営相談窓口)

※左記URLからお申し込みください。

 

5.消費喚起事業 お問い合わせ先
(1)剣淵町購買促進「絵本の里プレミアム商品券」事業について【剣淵町】 剣渕商工会

℡:0165-34-2648

(2)GoToキャンペーンについて

GoToトラベルキャンペーン【観光庁】

GoToEatキャンペーン【農林水産省】

GoToEat北海道キャンペーン【北海道】

GoTo商店街キャンペーン【経済産業省】

GoToイベントキャンペーン【経済産業省】

<GoToトラベル事務局>

電話:0570-017-345または03-6747-3986

 

<GoToEatキャンペーンコールセンター>

℡:0570-029-200または050-3734-1523

 

<GoToEat北海道お食事券取扱店用お問合せセンター>

℡:011-351-8645

 

<GoTo商店街事務局>

電話:0120-304-060

 

<GoToイベント事業チケット販売事業者等専用窓口>

℡:03-6441-4669

 

 

お問い合わせ:町づくり観光課商工観光グループ ℡:0165-26-9022(直通)

 

 

 

剣淵町教育委員会では、町立小・中学校で勤務する、学校業務員(会計年度任用職員)を募集します。

つきましては、下記の内容で募集しますのでお知らせします。

 

1 職 種   学校業務員(会計年度任用職員)

2 職務内容

・校庭や学校敷地内の環境整備や簡易修繕等学校用務全般

・給食の配送業務

3 雇用人数  1名

4 応募資格

・健康で継続して勤務ができる方

・剣淵町内に居住、または通勤可能な方

5 雇用期間  令和3年4月1日から令和4年3月31日(更新する場合あり)

6 勤務日   国民の祝日及び年末年始、開校記念日を除く月~金曜日

7 勤務条件

勤務時間:①と②を1週間ごとの交代制(平均7時間30分)

①午前7時30分~午後4時30分(8時間)

②午前7時30分~午後3時30分(7時間)

賃金等:月額145,741円~171,290円(経験による)

通勤手当:片道2km以上の場合、通勤距離に応じた月額の通勤手当を支給する。

その他:社会保険・雇用保険加入

8 申込方法

会計年度任用職員登録申込書に必要事項を記入し、履歴書(市販のもの)とともに、剣淵町教育委員会教育課学校教育グループへ提出してください。(郵送可)

※「会計年度任用職員登録申込書」は、剣淵町教育委員会教育課学校教育グループで交付または、下記からダウンロードできます。

会計年度任用職員登録申込書

9 採用方法

書類選考のうえ、面接を実施し採用者を決定します。

面接日、採用の合否は、書面にて郵送でお知らせします。

なお、採用決定者は、後日、健康診断書等の提出をお願いいたします。

 

お問い合わせ先 教育委員会学校教育グループ 電話0165-26-9025

 

 

剣淵町における新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した取り組みについて(二次補正予算分追加)

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかな事業を実施できるよう地方創生臨時交付金が設立されました。

本町においては、この地方創生臨時交付金を活用して、感染拡大の防止、町民の生活支援、事業者の支援などの取り組みを進め、第二次補正予算分を追加し取り組みを進めていきます。

また、今後も国の補正予算なども活用し、新型コロナウイルス感染症への対応に取り組んでまいります。

 

【事業一覧(総事業費): 224,056千円】

【一次分(番号1~16):  54,411千円】

【二次分(番号17~44): 169,645千円】

 

 お問合せ 剣淵町総務課 電話0165-26-9021

 

番号 事  業  名 概  要 担当課
福祉施設等感染症防止必需物品供給事業 福祉施設、保育所及び学校内の感染症対策の資材を提供し、高齢者や乳幼児、児童・生徒等の感染リスクの軽減と注意喚起を促す。 総務課
災害・感染症対策資材等整備事業 感染症・災害対応並びに避難所の衛生環境の保持、災害対応用装備品や感染拡大防止対策資材等を整備し、感染症対策と拡散の最小化を図る。 総務課
災害・感染症対策に係る通信環境構築・感染拡大防止整備事業 正確な情報収集や通信環境の整備、衛生環境が確保された公共的空間を提供するため、設備改修、通信環境確保、感染症拡大防止対策を行う。 総務課
小規模事業者緊急経営支援助成事業 売上高等が著しく大幅に減少し支障が生じている事業者への緊急支援を行い、経営の安定・持続化を図る。 町づくり観光課
中小企業等事業継続支援助成事業 売上が前年同月比の一定以上減少する事業者への支援を行い、経営の安定・持続化を図る。 町づくり観光課
購買促進プレミアム商品券事業 商工会加盟店舗の利用・購買促進として、プレミアム率20%の商品券を追加発行し、地域経済の活性化等を図る。 町づくり観光課
移動スーパー等による地域の生活支援事業 買い物困難者、高齢者等の見守りを担う移動スーパー事業者等に対し、経費の一部支援を行う。 町づくり観光課
保育所感染症拡大防止対策整備事業 感染予防の空調設備を設置し、保育園児及び職員の感染症対策強化と安心できる居場所づくりを進める。 住民課
学童保育所感染症拡大防止対策整備事業 感染予防の空調設備を設置し、児童及び職員の感染症対策強化と安心できる居場所づくりを進める。 住民課
10 高齢者・弱者世帯等緊急生活支援事業 感染症予防のため、予防品・資材購入及び生活費等の負担増に対しての生活支援を行う。 健康福祉課
11 指定(福祉)避難所の衛生環境及び防災環境整備事業 保健センター内設備を改修し、避難生活での感染機会の削減、感染症蔓延防止、避難所機能の向上を図る。 健康福祉課
12 町立小中学校感染症防止対策事業 感染症対策の資材を購入し、児童・生徒及び教職員の安全・安心な教育環境の確保を図る。 教育課
13 町立小中学校臨時休校学習支援事業 臨時休校に伴う家庭学習に必要な教材を作成等し、受けるべき教育(学び)の確保を図る。 教育課
14 町立小中学校GIGAスクール構想支援事業 臨時休校期間中の切れ目ない学習環境等を確保するため、児童・生徒用端末を用意し、学習環境の整備と教育(学び)の充実を図る。 教育課
15 剣淵高等学校(町立)感染症防止対策事業 感染症対策の資材を購入し、生徒及び教職員の安全・安心な教育環境の確保を図る。 高等学校
16 剣淵町国民健康保険剣淵町立診療所特別会計繰出 医療機関の感染症拡散防止対策、感染対策が講じられる設備への更新等進め、地域住民への安全・安心な医療環境づくりを進める。 町立診療所
17 災害・感染症対策強化整備事業 感染症対策に対応した避難所運営マニュアルの策定と関連の地域防災計画の改定、必要な資機材等を警備し、災害・感染症対策力をより強固とする。 総務課
18 緊急時対応感染症拡大防止用資材等整備事業 感染症などの避難所の衛生環境を保持するため、感染症の拡大防止対策に必要な資材を購入し、感染症対策を進め、拡散の最小化を図る。 総務課
19 高度無線環境整備に係る無線局整備事業 未整備地区に光ファイバ網を整備し、これまで以上の利用分野が広がり、これを利用する機会を増やす環境づくりを進め、利用者の拡大を図る。 総務課
20 地域公共交通維持・確保応援事業 高齢者の多い過疎地域では重要な交通手段で、継続・維持等出来るよう応援し、路線バスの維持及び公共交通機関としての役割の確保を図る。 総務課
21 非デジタル情報対応に係る機械整備事業 電子メールやHP等を閲覧する高齢者が極めて少なく、従来型の紙ベースで重要な情報発信の手段、機能の高い機器を用いて迅速な情報発信を図る。 総務課
22 公共施設(役場庁舎)衛生環境・防災対応整備事業 避難所と併設する役場庁舎内のトイレ等の改修を進めることで、併設の避難所機能を補完するとともに、当該施設への分散非難を図る。 総務課
23 公共施設(役場庁舎)安全対策整備 避難所の町民センターと役場庁舎をつなげる主要出入り口の階段部等の補修では、夏場の熱吸収や雨水の浸透を高めるなど、安全安心な施設環境を整える。 総務課
24 公共施設(役場庁舎)空間確保・情報保護環境整備事業 窓口対応時の感染予防強化のため、安全な空間、一定の距離を保つよう改善し、庁舎内等の拡散を防ぎ、かつ個人情報の漏洩を抑える業務改善を図る。 総務課
25 公共施設(役場庁舎)事務室内空間確保整備事業 手狭な事務室(教育委員会事務局)に勤務する職員の常態的な過密状況のなか、安全・安心な間隔保持できるよう空間確保を図る。 総務課
26 第三セクター(温泉宿泊)施設厨房設備衛生環境等整備事業 感染症の拡大で影響を大きく受け営業再開等に伴う厨房設備の清掃、修繕及び機器の更新を通じて衛生上の管理、利便性の向上を図る。 町づくり観光課
27 第三セクター(温泉宿泊)施設感染症防止整備事業 災害時の地域の避難所を支える当該施設の有効活用を図るため、合わせて施設利用者の感染機械の削減、感染症の蔓延防止を進める。 町づくり観光課
28 第三セクター(道の駅)施設厨房設備衛生環境等整備事業 主体施設と農産物直売所の空間を有効活用を進めるため、施設利用者の感染の無い空間づくりを進めるとともに、円滑な維持管理を図る。 町づくり観光課
29 第三セクター事業継続・維持等応援事業 感染症の拡大は、著しく各事業部門への影響を与え、各部門か継続・維持等出来るよう応援し、地域雇用の場及び地場産業の確保等を図る。 町づくり観光課
30 地域の魅力の磨き上げ・観光振興(フォトコンテスト)事業 感染症終息後、町(地域)への誘客を促す地域等資源・素材の収集を通じて、地域の観光促進の一助としてフォトコンテストを実施する。 町づくり観光課
31 地域農業生産力向上に係る農作業機械・器具購入等支援事業 高齢化とともに担い手不足が顕著に表れているなか、農業振興対策としてロボット技術等を取り入れ、担い手対策、農業生産の向上を図る。 農林課
32 指定(福祉)避難所の防災・通信環境等整備事業 避難の地域住民への感染防止や感染症発症の疑いのある者の収容区分分けを明確化等し合わせて通信環境の増強を図り、避難所機能を高める。 健康福祉課
33 高齢者寮安心生活環境・保持整備事業 快適な生活空間の改善等を通し、感染リスクの高い高齢者の日常生活の改善を図り、安心して暮らせる生活環境の保持を進める。 健康福祉課
34 福祉施設・事業所への感染防止・安全安心対策支援事業 福祉施設・事業所が、感染症に対応の新しい生活様式を取り入れ、施設等の利用者の生活環境等を進める対策にかかる費用の一部を支援する。 健康福祉課
35 町立小中学校構内感染症予防・拡大防止資材等整備事業 学校内での感染の予防をより進めるため、必要な資材を購入し、児童・生徒及び教職員の感染機会の削減、拡散の最小化を図る。 教育課
36 学校保健特別対策事業費補助金(町立小中学校) 感染症対策を徹底するため、授業時の熱中症対策とともに、教室内の十分な換気等を進め、感染症の予防を図る。 教育課
37 学校保健特別対策事業費補助金(町立小中学校) 児童・生徒一人1台タブレット端末の導入を推し進めるため、オンライン授業等を補完する機器を備え、GIGAスクール構想の実現を図る。 教育課
38 町立小中学校GIGAスクール端末導入事業 児童・生徒一人1台タブレット端末の導入を実現し、ひとり一人公正に、資質・能力を一層確実に育成できる教育ICT環境づくりを進める。 教育課
39 町立小中学校学習保証等支援(GIGAスクール構想・ネットワーク環境整備)事業 GIGAスクール構想を推し進めるため、学校内の情報通信ネットワークの環境等の整備を図る。 教育課
40 町立小学校感染予防・学習環境整備事業 普通教室外での学びの場の確保とともに、感染状況等によっての分散した学習を推し進め、安全・安心な教育環境づくりを進める。 教育課
41 学校給食関連事業者支援事業 臨時休校等により影響の受けた学校給食食材納入業者に対して、費用の一部を支援し、学校給食事業の維持等を図る。 教育課
42 学校保健特別対策事業補助金(町立高等学校) 今後の感染拡大を見据え、オンライン学習等を取り入れた学習環境を整備し、安全・安心な教育環境づくりを進める。 高等学校
43 学校保健特別対策事業費補助金(町立高等学校) 感染対策等を徹底するため、、授業時の熱中症対策とともに、教室内の十分な換気等を進め、感染症等の予防を図る。 高等学校
44 剣淵町国民健康保険剣淵町立診療所特別会計操出(感染症拡散防止強化事業) 医療機関の感染症の拡散防止対策を行うことで、地域住民の安全・安心な医療を受けられる環境づくりを進める。 町立診療所

 

お問合せ 剣淵町総務課 電話0165-26-9021

 

例年皆様にお楽しみいただいております、マツダ自動車テストコースの開放イベント

ですが、新型コロナウイルス感染症が全国で未だ猛威をふるっていることから、今年

のイベントについては中止とさせていただきます。

 

今後もマツダ株式会社との交流推進を図ってまいりますので、皆様のご協力をよろしく

お願いいたします。

 

 

【問合せ先】総務課企画財務広報グループ TEL:0165-26-9021

 

石綿(アスベスト)含有珪藻土製品のメーカー等による回収について

 

厚生労働省などから、石綿(アスベスト)が含まれるバスマットやコースター等の珪藻土製品の流通とメーカー等による回収について発表がありました。

対象となる製品や回収方法等については、下記「厚生労働省ホームページ」をご確認ください。

ご自宅に回収対象商品がないか一度ご確認をしていただき、対象商品がある場合は、破損等による飛散を防止するため、ビニール袋等に入れテープ等でしっかりと封をして、回収まで保管してください。

 

対象商品については、メーカー等が回収しますので、ごみとして出したり、処分場への持ち込みはしないようお願いします。

 

なお、バスマットやコースターについては、通常の使い方で使用している限りは石綿(アスベスト)が飛散するおそれはなく、健康上の問題を生じさせるおそれはありませんが、削ったり割ったりした場合など破損したときには飛散するおそれがありますので、破損させないようにご注意願います。

 

〇厚生労働省ホームページはこちら(外部リンク)

 

 

このページに関するお問い合わせ:住民課環境生活グループ

 

会食時は「マスク会食」で感染予防のご協力をお願いします。

年末年始を含め、この冬の新型コロナウイルス感染対策として、飲食する時だけマスクをはずし、会話の時はマスクを着ける「マスク会食」を推進しています。

感染リスクを下げながら会食を楽しむよう心がけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ 総務課 電話0165-26-9021

完了期(12~18か月)

・準備中です

 

 

 

 

 

お問い合わせ 健康福祉課 電話0165-34-3955

・準備中です

中期(7~8か月)

・準備中です

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ 健康福祉課 電話0165-34-3955

初期(5~6か月)

 

<おかゆの目安>

・5カ月~(離乳食開始1か月ごろ) 10倍がゆ 米1:水10

・6か月~ 7倍がゆ 米1:水7

・7か月~ 5倍がゆ 米1:水5

・10か月前後ごろ 軟飯 米1:水3

☆家族のごはんと一緒におかゆもついでに作ってみましょう!

 

※パラフィン紙=クッキングシート(クッキーを焼く時などに使うツルツルの

シート)

 

☆かぼちゃが手に入りにくい時期は冷凍かぼちゃがお勧めです。

 

 

☆冷凍にんじんは、冷凍する前に炊飯器でおかゆと一緒に蒸したり(詳しくは

「炊飯器で離乳食」参照)、電子レンジでラップをして500w3分程度過熱して

冷ましてから冷凍しましょう。

 

 

☆「冷凍野菜で離乳食(うらごし)」は離乳食初期(5~6か月)限定の裏ワザです。

離乳食中期(7か月)以降は柔らかく煮込んで刻みましょう!

 

 

☆離乳食の指針が2019年変更になり、離乳食初期(5〜6ヶ月)から卵黄を

与えられるようになりました。

こちらでは初めて与える卵の調理方法について紹介しています♪

 

 

 

 

お問い合わせ 健康福祉課 電話0165-34-3955

北海道剣淵高等学校からのお知らせ

高等学校ホームページはこちら

 

お問合せ 北海道剣淵高等学校 電話34-2549

剣淵町立剣淵中学校からのお知らせ

 

令和3年度 剣淵中学校いじめ防止対策基本方針

 

剣淵中学校では「いじめ防止対策基本方針」を策定し、生徒が楽しく豊かな学校生活を送ることのできる「いじめのない、いじめを決して許さない学校」づくりを進めています。

 

⦿令和3年度 剣淵中学校「いじめ防止対策基本方針」

 

 

 

お問合せ 剣淵町立剣淵中学校 電話34-2211

剣淵町立剣淵小学校からのお知らせ

 

 

 

お問合せ 剣淵町立剣淵小学校 電話34-2116

感染拡大地域への感染予防について

 

北海道全域での、新型コロナウイルス感染症の新規感染が続いていますが、特に旭川市内での感染者の増加が、きわだっています。

師走となり、年末・年始の準備を進められる時期ではありますが、特に感染者の多い旭川市、札幌市への行き来は、出来る限りお控えください。

通学や通院などで行き来が必要な場合は、マスク着用のほか、これまで以上に手洗いや、手指の消毒を徹底し、感染予防に努めてください。

最新の感染状況は、新聞やテレビなどを通して確認し、必要とする感染予防をお願いします。

窮屈な生活をしいられている状況でありますが、町民の皆様には、感染症の終息に向けて、ご理解とご協力をよろしくを願いします。

 

 

お問合せ先 剣淵町役場総務課 電話0165-26-9021

国土交通省より、旅行に出かける皆様に、感染防止対応として特にお守りいただきたい内容を

「新しい旅のエチケット」としてまとめられましたので、ご旅行の前にご確認をお願いします。

 

新しい旅のエチケット

 

 

 

 

 

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001355176.pdf

 

「新しい旅のエチケット」と「新しい旅のルール」動画サイト

https://goto.jata-net.or.jp/info/2020091001.html

 

 

町づくり観光課 ☎0165-26-9022

剣淵町地域強靭化計画の策定について

 

国は、平成23年3月に発生した東日本大震災の教訓を踏まえ、平成25年12月に「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」を制定し、平成26年6月に国土強靭化に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、「国土強靭化基本計画」を策定し、大規模な自然災害等に備えた国づくりを進めています。

このため、本町においても国土強靭化法に基づき、安全・安心な地域の構築に向けた剣淵町の強靭化を推進するため、令和2年9月に「剣淵町地域強靭化計画」を策定しました。

 

剣淵町地域強靭化計画(PDF)

 

お問い合わせ 総務課総務グループ 電話 0165-26-9021

北海道では、飲食店に向けた新型コロナウイルス感染症対策サイトを開設しました。

 

新型コロナウイルス感染症対策の解説動画や店舗で掲示できる無料素材(感染症対策のイラスト)が公開されていますのでご活用ください。

 

飲食店向け新型コロナウイルス感染症対策サイト

https://egaostep-hokkaido.com/

 

 

  • 業態別感染症の基本対策動画

https://egaostep-hokkaido.com/movie.html

 

  • 店舗で掲示できる無料素材(感染症対策のイラスト)

https://egaostep-hokkaido.com/freebie.html

 

  • 新型コロナ対策eセミナー動画

https://www.youtube.com/watch?v=T7_5j4JQYiA&feature=youtu.be

 

 

町づくり観光課 TEL:0165-26-9022

地域医療・全世代型地域包括ケアに関する包括連携協定が締結されました

令和2年8月24日、社会医療法人元生会と剣淵町において「地域医療・全世代型包括ケアに関する包括連携協定が締結されました。

社会医療法人元生会は、剣淵町の地域包括支援センターが実施する、高齢者向けの動作・機能・能力を高める教室に、平成30年度から理学療法士の派遣を行って頂いています。

この協定は、これまでの間に築かれた関係を礎に、地域医療の体制の充実や支援など複数分野で連携しつつ、地域の課題解決、地域振興を図ることを目的とするものです。

地域医療体制及び全世代型地域包括ケアシステムの構築や、地域の医療・保健・介護・福祉の関係機関との連携や相互協力など、今後、相互で話し合い、安心して暮らせるように進めていきます。

 

お問い合わせ 総務課総務グループ 電話0165-26-9021

災害時における物資供給に関する協定が締結されました。

令和2年8月19日、NPO法人コメリ災害対策センターと剣淵町において「災害時における物資供給に関する協定」が締結されました。

この協定により、災害時の物資供給や、災害対策関連情報の提供、防災啓発活動など災害時に必要な物資やノウハウ、災害に関する多くの面でご協力頂けることとなりました。

NPO法人コメリ災害対策センターでは、剣淵町との協定が全国で865件目、道内では23件目の協定締結となります。

 

 

お問い合わせ 総務課総務グループ 電話0165-26-9021

けんぶちえほんのさとch

というチャンネル名でYouTubeを投稿しております。

 

 

剣淵町教育委員会から

剣淵町の知られていない魅力・情報などを

発信していきます。時間があるときに見て頂けると幸いです。

 

高評価とチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

これからの動画の活力にもつながりますので是非ぽちっと押していただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

当協議会は、士別地域(士別市・剣淵町・和寒町・幌加内町)の自治体や経済・労働団体などが一体となって季節労働者の通年雇用化を目指し、取り組んでいます。

当協議会の年間事業スケジュールを掲載いたしますので、下記のリンクをクリックしぜひご覧ください。

季節労働者向けリ-フレット

事業所向けリ-フレット

 

詳しい内容を聞きたい、相談したい場合などのご連絡・お問い合わせについては、下記のご連絡先へよろしくお願いいたします。

 

士別地域通年雇用促進協議会

電話番号:0165-23-0500 ※FAX兼

Eメール:tunenkoyo@globe.ocn.ne.jp

剣淵町史 続史二を販売しています

 

平成30年に剣淵町開基120年を迎え、前町史「百年のあゆみ 剣淵町史 続史一」の続編となる剣淵町史 続史二を販売します。

また、数量限定で前町史とセット販売も致しますのでご希望される方は期間にご購入ください。

 

〔剣淵町史 続史二販売額〕

●剣淵町内にお住いの方:1冊@4,000円

(前町史とセット購入される場合:1セット@5,000円)

 

●剣淵町以外にお住いの方:1冊@10,000円

(前町史とセット購入される場合:1セット@11,000円)

 

 

 

〔申請書〕

剣淵町内にお住まいの方(申請書Word)

 

剣淵町以外にお住まいの方(申請書Word)

 

総務課企画財務広報グループ 電話0165-26-9021

 

事業の概要・目的

町内に点在する空き店舗を活用して新たに商業活動を行う者に対し、予算の範囲内で空き店舗の改装に係る費用等の一部を補助する空き店舗活用支援事業を実施して、空き店舗の解消と商業の活性化を図ることを目的とします。

 

補助対象事業

町内の空き店舗を活用して小売業又は飲食業等(以下「小売業等」という。)の商業活動を行う事業とします。

 

補助額・補助対象期間

補助金の額は、補助対象経費の2分の1以内の額とし、次に定めます。ただし、算出された額に千円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てるものとします。
(1) 改装事業費補助金は、10万円以上100万円を限度とし、最初の1回限りとする。
(2) 家賃補助金は、賃借する家賃の1か月分につき5万円を限度とし、補助する期間は最長2年間とする。

 

補助対象者

空き店舗を活用して小売業等を2年以上営もうとする個人又は共同店舗を組織する団体若しくは法人とし、次に掲げる要件を有したものとします。
(1) 剣渕商工会の会員(空き店舗を活用する時点で会員になった者を含む。)であること。
(2) 補助金を申請する時点から前3年間において、町税(町外から転入する者にあっては、転入前の市町村の市町村民税をいう。)を滞納していないこと。
(3) 団体にあっては、町長が商店街振興に特に必要と認めるものであること。

 

補助対象経費

(1) 改装事業費 空き店舗を小売業等の商業活動を営むための売り場として改装する場合で、外装、内装、保管庫、事務所、作業場、トイレ、給湯設備等の整備に要する費用
(2) 家賃 家賃契約に基づく額(敷金及び礼金並びに共益費等家賃に付随して支払われる経費を除く。)
(3) その他町長が特に必要と認める経費
ただし、町の他の補助金又は国、道等の補助金の交付対象となる事業については、原則として補助対象経費から除くものとします。

 

申請方法等

補助金交付要綱に基づき補助金交付申請書に次の書類を添付して提出していただきます。

(1) 改装事業費補助金

ア 事業計画書

イ 予算書

ウ 改装工事の概要及び改装計画図面

エ 空き店舗に関する概要書

オ 改装工事契約書の写し及び見積書の写し

カ 事業者の概要又は事業者構成員名簿

キ 会則等

ク その他参考となる書類

(2) 家賃補助金

ア 事業計画書

イ 予算書

ウ 空き店舗に関する概要書

エ 家賃契約書の写し

オ 事業者の概要又は事業者構成員名簿

カ 会則等

キ その他参考となる書類

 

申請の流れ

申請方法は、剣淵町補助金等交付規則に準じます。

 

各種様式・関連資料ダウンロード

各種様式

【様式第1号】補助金等交付申請書[WODR形式13KB]
【様式第2号】事業計画書[WODR形式54KB]
【様式第3号】予算書[WODR形式34KB]

 

関連資料

剣淵町商店街空き店舗活用支援事業補助金要綱[PDF形式 81KB]

 

 

お問い合わせ
町づくり観光課企画商工観光グループ 0165-34-2121

剣淵町が令和3・4年度に発注する建設工事などの競争入札に参加できる方は、剣淵町がその資格を有すると認めた方に限られます。

参加を希望される方は、あらかじめ、定められた申請書類を剣淵町に提出し、資格を有するかどうかの審査を受けてください。

なお、窓口受付の際はマスク着用・手指の消毒や、体調不良の際は取りやめ郵送するなど、新型コロナウイルス感染予防対策にご協力ください。

状況に合わせ、窓口受付を中止する場合もありますので、町ホームページの最新情報をご確認ください。

 

概要は下記のとおりです。

 

1 受付日程

令和3年3月1日から令和5年3月31日まで随時受付

窓口受付は土曜・日曜・祭日を除く午前8時15分から午後5時まで。ただし、12時~13時の間は担当者不在の場合があるため、お問い合わせには対応できない場合がありますのでご了承ください。

 

2 受付・問い合わせ場所

持参の場合:剣淵町役場2階、建設課土木建築グループ

郵送の場合:〒098-0392
北海道上川郡剣淵町仲町37番1号
剣淵町役場 建設課土木建築グループ あて 当日の消印有効

問い合わせ:0165-34-2121(内線241)

 

3 申請方法 (下記以外の方法では受け付けていません。)

持参の場合:受付期間内に必要書類を持参の上、受付場所へ提出してください。

郵送の場合:必要書類のほかに切手、宛名シールまたは住所記入のある返信用封筒を同封してください。申請書付票(控)や、物品・業務用受領票を送付させていただきます。ただし、独自様式の受領票がある場合は、併せて同封ください。返信用封筒が無い場合は受領票などは送付出来ませんので、3月下旬までに返送されていない場合はお問い合わせください。

 

申請書および申請に必要なもの

建設工事:市町村統一様式で申請してください。

使用様式~市町村統一様式1、3、3の2、4、9に必要事項を記載下さい。様式は(社)北海道土木協会 http://doboku.server-shared.com/ よりお求めください。

添付様式~以下のとおり。

平成27年度より添付書類に変更がありますので、ご注意ください。

 

①経営事項審査結果通知書の写し

②工事(事業)経歴書

③技術者名簿

④納税証明書(道市町村税全般、消費税及び地方消費税)

⑤登記簿謄本(写し可)

⑥建設業法許可通知書及び許可申請書別表の写し

⑦建設業退職金共済組合等の加入・履行証明書の写し

⑧建設工事等競争入札参加資格申請書付票

⑨印鑑証明書の写し

⑩直近1年の決算書(個人は申告書の写し)

⑪委任状(受任先のある場合)

⑫法定保険加入一覧表(申請者すべて対象)  参考様式→ hoken.docx  平成27年より追加

○加入している場合は、納付書の写しなど事業所番号の確認出来る書類を添付ください。

○個人経営により加入されていない場合など、特殊な事情がある方は、理由を明記のうえ、代わりとなる資料を添付してください

⑬誓約書  参考様式→ seiyakusyo.pdf  平成27年より追加

 

 

建築設計、土木設計、測量、地質調査、清掃などの委託業務、技術資料作成:市町村統一様式で申請してください。

使用様式~市町村統一様式1、3、3の2、4、10に必要事項を記載ください。様式は(一社)北海道土木協会 http://doboku.server-shared.com/ よりお求めください。

添付様式~以下のとおり

上記②~⑤、⑨~⑬までの書類

⑭各種登録書の写し 

○建築設計~建築士法第23条の規定による登録通知書

○測  量~測量法第55条の規定による登録通知書
○土木設計、地質調査、技術資料作成~建設コンサルタント登録規定、地質調査業者登録規定、補償コンサルタント登録規定による登録を受けている場合は、現況報告書または登録書の写し

⑮設計等競争入札参加資格申請書付票
○その他営業に関し、法令の規定に基づく許可、認定、登録などを必要とするものにあっては、当該許可、認定、登録などに係る許可書、通知書または証明書の写し

 

各種共通

受任先がある場合は、委任状および受任先の法人市町村民税の納税証明書を提出してくだい。また、付表の従業員数および様式4の技術者名簿は受任先の分を記載してください。

 

物品、印刷物・印章の製造、物品の賃貸借:申請書類一式は北海道様式を「剣淵町」におきかえてご使用ください。(記載例  R3・4物品) 

 

申請年度は令和3年・4年の2年です。

様式は下記の北海道のホームページよりダウンロードしてください。

 

平成31・32・33年度 物品の購入等の定期申請受付について | 出納局会計管理室調達課 (hokkaido.lg.jp)

添付書類は北海道様式や上記の建設工事などを参考に、ご用意ください。

 

別記様式その1について、受任先の支店・営業所がある場合は(代理人による申請を行う場合)にご記入ください。

添付書類は、製品の納入などに必要な該当する事項がある場合は、上記建設工事や委託業務に関する添付書類②~⑤および⑨~⑭を参考に添付書類をご用意のうえ、提出ください。

 

5 入札参加資格の有効期間

令和3年4月1日から令和5年3月31日までの2年間

 

6 随時受付

令和3年4月1日以降は、上記申込み要領のとおり申請していただけますと、随時受付が可能となります。(申請書が到着し処理が済み次第名簿登載となりますので名簿未登載の時期が発生します。)

名簿掲載の遅れに伴い選考対象外になる可能性もありますので、お忘れなく可能な限り定時受付にてご申請ください。

剣淵町では、町の第三セクターである(株)レークサイド桜岡に委託し、町産の農産物や農産物加工品などを販売するインターネットショップサイトを開設いたしました。

剣淵町の豊かな大地で育った自慢の品を全国各地のみなさまにお届けいたします。季節に応じてさまざまな商品を取りそろえておりますので、下記ホームページをぜひご覧ください。

 

絵本の里けんぶち町~おいしい通販~

https://kembuchi.shop-pro.jp/

 

維持管理状況

28維持管理状況
29維持管理状況
30維持管理状況
31維持管理状況
02維持管理状況

 

水質等測定結果

28水質測定結果
29水質測定結果
30水質測定結果
31水質測定結果
02水質測定結果

 

 

維持管理計画書

維持管理計画書

 剣淵町は安心して子どもを生み育てたくなる、優しい町づくりを目指し、全ての子どもの育ちと子育てを応援しています。

 『びばからすくらむ』~剣淵町子育て応援ファイル~は、剣淵町に住む全ての子どもの育ちと、子育て家庭を応援するために作成したものです。子どもたちの育ちを見つめ、成長を記録したり、アルバムのように写真等を入れたりと、家族皆さんで楽しみながら子どもの成長や子育ての喜びを感じていただけることを願って、この「子育て応援ファイル」を作成しました。お子さんが家族の愛情を感じたり、自分の成長を実感することも期待できるファイルです。
 保健・医療・福祉・教育等のサービスやサポートを利用する時に、関係機関との連携をスムーズにし、必要なサービスやサポートを的確に受けるための資料としてもご利用いただけます。
 このファイルを基にして、ご家庭の皆様と各関係機関が連携を取りながら、乳幼児期からの子ども一人ひとりの発達に応じた支援を推進していくため、平成29年度からスタートします。お子さんの成長を見つめる中で、子育てに関する新しい発見やヒントがあり、この町で生まれ育ち、就学し、就労するまで、一貫してのご活用を願っています。

 

【 子育てファイルガイド 】

 

けんぶち農業ブランドマークができました。

けんぶち農業ブランドマークは、剣淵町の産地・地域性を消費者に印象付けることを目的とし、剣淵町の農業力や農産物の付加価値の向上、町のイメージアップ、経済振興などに向けて広く展開していくことを目指しています。

 

 

デザインコンセプト

    絵本と芽生えのフォルムを融合させたビジュアル。
剣淵町が持つ大地の力を表現しています。

 

 

 

 

 

 

けんぶち農業ブランドマークの使用申請について

ブランドマークの使用には、あらかじめ町の承認が必要です。

このブランドマークの使用を希望される場合は、下のダウンロードにある「けんぶち農業ブランドマーク使用に関する要綱」「けんぶち農業ブランドマーク使用マニュアル」をよくお読みいただいた上で、「けんぶち農業ブランドマーク使用届出書」に必要事項をご記入いただき、ブランドマークを使用した完成イメージなど使用の概要を示す資料を合わせてご提出していただきます。

 

使用料は無料です。

 

 

※書類審査においてブランドマークの使用を許可できない場合があります。ご了承ください。

 

 

ダウンロード

けんぶち農業ブランドマークの使用に関する要綱(PDF形式125KB)
けんぶち農業ブランドマーク使用マニュアル(PDF形式3MB)
けんぶち農業ブランドマーク使用届出書(PDF形式52KB)
けんぶち農業ブランドマーク使用届出書(WORD形式44KB)

 

 

お問い合わせ                                                  剣淵町農林課(剣淵町農業振興センター)
〒098-0338 北海道上川郡剣淵町仲町3号8番
TEL : 0165-34-3311
FAX : 0165-34-2088
Email : nourin-g@town.kembuchi.hokkaido.jp

 

剣淵町内の、公営住宅、特定公共賃貸住宅、単身勤労者住宅の空き住戸の情報です。

 

こちらのページにて情報公開中です。→公営住宅空き状況

 

住宅の位置については、こちら(PDF資料)を参考にしてください。 

総合計画

総合計画

第5期総合計画

○表紙

○基本構想

○重点プロジェクト

○基本計画(第1章)

○基本計画(第2章)

○基本計画(第3章)

○基本計画(第4章)

○資料

○第5期総合計画(後期)

○概要版

 

絵本の里けんぶち まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略

第1期絵本の里けんぶち まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略(平成27年~平成31年)

  ・検証結果

第2期絵本の里けんぶち まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略(令和3年3月策定)(令和2年~令和6年)

 

剣淵町過疎地域自立促進市町村計画

剣淵町過疎地域自立促進市町村計画(平成28年度~令和2年度)

公共施設

剣淵町公共施設等総合管理計画

剣淵町公共施設等総合管理計画

組織

剣淵町行政改革大綱

第2次剣淵町行政改革大綱(PDF)更新
第2次剣淵町行政改革大綱推進計画(PDF)更新

 

剣淵町特定事業主行動計画

剣淵町特定事業主行動計画(PDF)
特定事業主行動計画に基づく取組の実施状況・女性活躍推進法第17条に基づく女性の職業選択に資する情報の公表
 

防災

剣淵町地域防災計画

剣淵町地域防災計画(本編2016.11.30更新)PDFデータ版
剣淵町地域防災計画(資料編2016.11.30変更)PDFデータ版

 

剣淵町国民保護計画

剣淵町国民保護計画(PDF)

 

暮らし

剣淵町地域強靱化計画 

剣淵町地域強靭化計画(PDF)

 

剣淵町耐震改修促進計画

剣淵町耐震改修促進計画(PDF)表紙
剣淵町耐震改修促進計画(PDF)

 

剣淵町住宅マスタープラン

剣淵町住宅マスタープラン (PDF)表紙
剣淵町住宅マスタープラン (PDF)計画の概要
剣淵町住宅マスタープラン (PDF)第一章
剣淵町住宅マスタープラン (PDF)第二~三章
剣淵町住宅マスタープラン (PDF)第四章

 

 

剣淵町公営住宅等長寿命化計画

剣淵町公営住宅等長寿命化計画(計画書)

 
剣淵町公営住宅等長寿命化計画(資料)

 

 

剣淵町公営住宅ストック総合活用計画

剣淵町公営住宅ストック総合活用計画(PDF)表紙・目次
剣淵町公営住宅ストック総合活用計画(PDF)第一章
剣淵町公営住宅ストック総合活用計画(PDF)第二章
剣淵町公営住宅ストック総合活用計画(PDF)第三~四章

 

剣淵町生活排水処理基本計画

剣淵町生活排水処理基本計画(PDF形式)

 

地球温暖化対策実行計画

剣淵町地球温暖化対策実行計画(第2期)(PDF形式)

剣淵町ごみ処理基本計画

剣淵町ごみ処理基本計画(PDF形式)

 

一般廃棄物最終処分場維持管理計画

剣淵町一般廃棄物処理基本計画(PDF形式)
剣淵町廃棄物循環型社会基盤施設整備計画(PDF形式)
剣淵町最終処分場施設整備基本計画(PDF形式)
剣淵町分別収集計画(PDF)

 

産業

農業振興計画

剣淵町農業振興計画(PDF)

 

剣淵町食育推進計画

剣淵町食育推進計画ダウンロード(PDF形式)

 

酪農・肉用牛生産近代化計画

酪農・肉用牛生産近代化計画(PDF形式)

 

森林整備計画

森林整備計画(PDF形式)

 

福祉

福祉総合

第2期 剣淵町地域福祉計画・剣淵町地域福祉実践計画

 

子ども・子育て

剣淵町子ども・子育て支援事業計画(PDF)

 

国民健康保険・介護保険

剣淵町国民健康保険 第2期特定健康診査等実施計画(PDF形式)
第8期剣淵町高齢者保健福祉計画・剣淵町介護保険事業計画(PDF形式)

 

障がい者計画

剣淵町障がい者基本計画・第6期剣淵町障がい福祉計画・第2期剣淵町障がい児福祉計画(PDF形式)

 

教育・文化・スポーツ

社会教育振興計画

第11次剣淵町中期社会教育振興計画(PDF形式)