水道・下水道

地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況(平成30年3月31日時点)

  地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況について公表します。

 

 

 剣淵町簡易水道事業
 剣淵町下水道事業(特定環境下水)
 剣淵町下水道事業(農業集落排水)

 

 

水質検査計画の公表について

  町では、水道法で定める水質基準に適合した水道水を使用者の皆さんに供給するため、水道法施行規則第15条6項の規定による「水質検査計画」を毎年度策定し、計画に基づき毎月水質検査を実施しています。

つきましては、策定した水質検査計画を水道法施行規則第17条の2の規定により公開いたします。

 

平成31年度剣淵町簡易水道事業水質検査計画
平成30年度剣淵町簡易水道事業水質検査計画

 

水道事業・下水道事業に係る経営分析表の公表について

総務省自治財政局公営企業課、公営企業経営室及び準公営企業室より「経営分析表」を作成・公表するように、依頼されましたので下記のとおり公表します。

 

【経営比較分析表】剣淵町:簡易水道[PDF:69KB]
【経営比較分析表】剣淵町:特定環境保全下水道[PDF:72KB]
【経営比較分析表】剣淵町:農業集落排水[PDF:71KB]

 

剣淵町簡易水道事業・公共下水道事業
農業集落排水事業経営戦略の策定について

剣淵町では、町が運営する簡易水道事業、公共下水道事業及び農業集落排水事業について、事業の現状や将来の見通し、経営の基本方針を明らかにするとともに、将来にわたってサービスを安定的に供給していくことを目的として、中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」を策定しました。

 

剣淵町簡易水道事業経営戦略[PDF:306KB]
剣淵町公共下水道事業経営戦略[PDF:330KB]
剣淵町農業集落排水事業経営戦略[PDF:326KB]

 

上下水道料金

日頃より、剣淵町上下水道事業の運営に対し、深いご理解を賜り感謝申し上げます。 上下水道料金の改定について、平成27年12月に上下水道事業運営審議会から答申が出され、平成28年3月開催の第1回町議会定例会において料金改定に関する条例改正が可決されましたのでお知らせいたします。

上下水道事業の維持管理費用相当額を賄うことを基本に、料金改定が社会情勢や住民生活に与える影響などを検討した結果、料金を約5%改定させていただきましたので、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
なお、新料金につきましては、平成28年4月1日から適用となります。

 

この料金は、剣淵町簡易水道および公共下水道、並びに農業集落排水を使用されている方が対象となります。

 

◎使用料金は、毎月検針した使用水量により算定し、納入通知書を送付いたしますので毎月25日までにお支払い下さい。

 

新しい上下水道使用料金表(平成28年4月1日から適用)

用途区分

基本水量(1ヶ月分)

水道使用料

下水道・農業集落排水
使用料

基本料金
(うち消費税)

超過料金
(うち消費税)

基本料金
(うち消費税)

超過料金
(うち消費税)

家庭用

まで
8立方メートル


1,700
(126)


252
(18)


1,270
(94)


189
(14)

営業用

15立方メートル

3,968
(294)

252
(18)

2,982
 (220)

189
(14)

団体用

12立方メートル

3,170
(234)

252
(18)

2,372
(176)

189
(14)

学校用

60立方メートル

15,864
(1,176)

252
(18)

11,896
(882)

189
(14)

浴場用

300立方メートル

27,184
(2,014)

252
(18)

20,380
(1,510)

189
(14)

福祉施設用

500立方メートル

42,924
(3,180)

252
(18)

32,182
(2,384)

189
(14)

酪農施設用

15立方メートル

3,968
(294)

120
(9)

臨時用

787
(58)

588
(44)

ただし、平成28年4月の検針による使用水量は、平成28年3月分として算定(超過料金は旧料金計算) いたします。
平成28年5月以降は、基本料金、超過料金ともに新料金での計算になります。

基本料金は1ヶ月分の料金です。
超過料金は超過水量1m3当たりの料金です。

 

料金の算定方法

下記に算定例を示します。

 

【例】 平成28年5月検針の水量による5月の請求額算定

  • 用途区分/家庭用
  • 使用水量/10m3 の場合

 

[1] 水道使用料金 (基本料金)+(使用水量-基本水量)×(超過料金252円)
(1,700円)+( 10m3 - 8m3 )×252円 = 2,204円

 

[2] 下水道・農業集落排水使用料金 (基本料金)+(使用水量-基本水量)×(超過料金189円)
(1,270円)+( 10m3 - 8m3 )×189円 = 1,648円

 

上下水道料金合計 [1]水道使用料金+[2]下水道・農業集落排水使用料金
[1]2,204円 + [2]1,648円= 3,852円

 

剣淵町給水装置・排水設備工事指定業者一覧表

平成28年2月29日現在

指定業者名 給水装置 排水設備 住   所 電話番号
卯城建設(株) 剣淵町元町15番3号
098-0333
0165-34-2306
0165-34-2307(FAX)
おの設備工業 剣淵町元町8番7号
098-0333
0165-34-3757
0165-34-3778(FAX)
佐々木建設 剣淵町西町15番10号
098-0331
0165-34-2084
0165-34-3511(FAX)
(株)瀬野鉄工所 剣淵町西町1番2号
098-0331
0165-34-2206
0165-34-2691(FAX)
細田建設(有) 剣淵町屯田町203番地
098-0334
0165-34-2283
0165-34-2500(FAX)
岩見住設(有) 士別市南町東3区472番地110
095-0046
0165-22-3534
0165-22-3925(FAX)
(株)栗本組 士別市東3条16丁目3131番地
095-0013
0165-23-1158
0165-23-1159(FAX)
佐藤建設管理(株) 士別市大通東1丁目
095-0019
0165-23-3541
0165-22-3781(FAX)
佐藤建設管理(株)
剣淵支店
剣淵町緑町8番7号
098-0332
0165-34-2129
0165-34-2129(FAX)
フジヤ住設工業(株) 士別市西4条1丁目191番地11
095-0024
0165-23-3788
0165-22-1383(FAX)
(協)北部ガスセンター 士別市南町東3区472番地60
095-0046
0165-23-2988
0165-23-0064(FAX)
三野建設(株) 士別市東4条5丁目6番地
095-0014
0165-23-2784
0165-22-1370(FAX)
(有)吉原設備工業 士別市東2条1丁目2番地2
095-0012
0165-22-1833
0165-22-1833(FAX)
(株)山本組 名寄市字徳田101番地78
096-0071
01654-3-3092
01654-3-4527(FAX)
(株)大林 旭川市永山6条8丁目9番5号
079-8416
0166-48-8210
0166-47-7767(FAX)
国策機工(株) 旭川市大雪通4丁目
070-0010
0166-24-0873
0166-24-0876(FAX)
(株)コーテック 旭川市永山北2条8丁目11番1
079-8452
0166-40-0133
0166-40-0134(FAX)
新日章(株) 旭川市永山14条3丁目4番25号
079-8424
0166-26-0808
0166-26-0809(FAX)
新日章サービス(株) 旭川市永山14条3丁目4番25号
079-8424
※新日章㈱と同じ住所です。
0166-26-1188
0166-26-0809(FAX)
※新日章㈱と同じFAX番号です。
(株)セラ・ハウジング 旭川市大町3条6丁目2397番地の31
070-0843
0166-55-7788
0166-53-2199(FAX)
(株)大協 旭川市豊岡4条7丁目1番22号
078-8234
0166-32-3004
0166-32-3006(FAX)
大建工業(株) 旭川市緑が丘南5条2丁目2番15号
078-8815
0166-60-5500
0166-60-5533(FAX)
大明建設(株) 旭川市1条通17丁目左1号
070-0031
0166-26-5344
0166-25-8585(FAX)
(株)道北暖房設備 旭川市永山北2条7丁目158番地の1
079-8452
0166-47-4388
0166-47-6527(FAX)
(株)原田設備工業 旭川市工業団地3条2丁目1番23号
078-8273
0166-73-5260
0166-73-5261(FAX)
(株)弘谷住宅設備 旭川市宮下通24丁目左5号
078-8330
0166-31-1719
0166-31-1738(FAX)
(株)前田住設 旭川市永山10条3丁目7番12号
079-8420
0166-46-1994
0166-46-1664(FAX)
山本管工(株) 旭川市神楽6条11丁目3番1号
070-8006
0166-61-6691
0166-61-6877(FAX)
(有)雄飛 旭川市東旭川町旭正203番地
078-8368
0166-37-5226
0166-37-5227(FAX)
(株)クラシアン 札幌市東区東雁来6条2丁目7-10
007-0826
011-783-2301
011-783-2302(FAX)

公共下水道事業概要・整備状況

剣淵町公共下水道事業(特定環境保全公共下水道事業)

剣淵町公共下水道事業

 

1.工事着手、完成年月日

着 手   平成 5年 9月16日
完 成   平成16年 3月31日

 

事業概要

計画区域   125.0ha
計画人口   1,900人
排除方式   分流式

 

2.下水処理場

処理場の名称    剣淵浄化センター
処理場の住所    上川郡剣淵町元町104番地先
敷地面積      4,500㎡
処理方式      下水処理 - オキシデーションディッチ法
供用開始      平成 9年 4月 2日
処理能力      (日平均) 720m3/日  (日最大) 940m3/日
放流予定水質    (BOD) 15㎎/L以下 (SS) 40㎎/L以下

建設費計      3,647百万円
(内訳) 管渠費   2,146百万円
処理場費       1,501百万円

 

3.整備状況

認可整備区域125haのうち

 

平成26年度末現在

整備面積        115ha  整備率   92.0%
下水道普及率 (供用開始公示済人口/行政人口)  54.0%
水洗化率 (水洗化済人口/供用開始告示済人口)  96.7%

管渠延長   汚水管  約 21.7㎞

 

合併処理浄化槽補助制度などについて

合併処理浄化槽ってなに?

 

合併処理浄化槽というのは皆さんが普段生活しているうちに出ているトイレの汚水だけでなく、

台所やお風呂の生活雑排水を微生物の働きにより浄化し、排水路などを通して河川へ放流する環境に優しい装置です。

 

合併処理浄化槽の設置補助制度について

剣淵町では、合併処理浄化槽設置整備事業を実施しています。
主に公共下水道に接続しておらず、汲み取りを行っている家庭を対象に合併処理浄化槽の設置費用に対する補助制度があります。

 

汲み取りから浄化槽に切り替えるメリットとは

主に3点あり、以下のとおりとなっています。

  1. においが気にならなくなります
  2. 汲み取り式便所から水洗式へ切り替わります
  3. 環境的・衛生的にとても良くなります

 

補助金額について

 

剣淵町での補助金額は次のとおりです。また、単独浄化槽の撤去に対する補助金額は、15,000円です。

 

浄化槽人槽 設置費用補助限度額
5人槽 900,000円
7人槽 1,100,000円
10人槽 1,500,000円

 

設置した後はどうするの?

設置した後は、定期的な維持管理が必要となります。維持管理の内容につきましては、沈殿している汚泥の引き抜きや保守点検、法定検査などがあります。合併処理浄化槽は使い方を誤ったり、維持管理を適切に行わないと、放流水質の悪化や悪臭の原因になってしまいます。皆さんが適切に生活するためにも欠かすことのできない必要な作業の一つです。

 

維持管理費について

費用については、汚泥の引き抜き量や運搬費などにより変動しますが、昨年度の平均で40,000円程度になります。

 

維持管理費の補助制度は無いの?

剣淵町では、浄化槽の設置費用補助の他にも維持管理費の補助も実施しています。内容については、維持管理費の補助(上限15,000円)を行っています。
ただし、維持管理費補助を受けるためには維持管理組合に加入することが条件です。

 

浄化槽維持管理組合とは

浄化槽維持管理組合とは浄化槽の普及ならびに適切な維持管理を進めるために組織されています。維持管理組合では、維持管理を行う上で、指定検査機関に対する法定検査の依頼や保守点検を行う業者との契約などの手続きを設置者に代わり行っています。

 

農業集落排水事業(西原浄化センター)について

西原農業集落地域におけるし尿、生活雑排水などの汚水処理を目的とし、水質の汚濁を防止、農村地域の健全な水循環、および基礎的な生活環境の向上を図る施設です。

 

jouka

 

農業集落排水施設事業概要・整備状況

  1. 工事着手、完成年月日
    着手年度 平成11年度
    完成年度 平成14年度
  2. 事業概要
    計画区域 7.0ha
    計画人口 230人
    排除方式 分流式
  3. 処理場概要
    処理場の名称 西原浄化センター
    処理場住所  上川郡剣淵町西原町2676番地
    処理方式   分離接触ばっ気方式
    共用開始   平成15年4月
    管渠延長   汚水管 1,078m
    事業費計   376,600千円
    水洗化率   95.6%(平成27年度末)

 

 


関連ページ