令和7年度上川管内町村等職員採用資格試験について

令和7年度上川管内町村等職員採用資格試験について

剣淵町では、令和7年4月1日採用の町職員の募集を行っています。職種は、「一般行政職」「消防職」です。

採用予定人数は下記のとおりです。

 

《採用予定人数》

一般行政職:若干名 消防職:1名

 

応募される方は、令和7年度上川管内町村等職員採用資格試験の受験申込みを行ってください。詳しくは、下記の「令和7年度上川管内町村等職員採用資格試験案内」をご覧ください。

試験案内及び申込書は、北海道町村会及び剣淵町のホームページからダウンロードすることができます。また、役場総務課総務グループでも配布しています。みなさんのご応募お待ちしています。

 

北海道町村会ホームページURL:https://www.h-chosonkai.gr.jp/general/?p=99

各種資料のダウンロードはこちらで可能です↓

令和7年度上川管内町村等職員採用資格試験案内
試験申込方法・令和7年度上川管内町村等職員採用試験申込書・受験票・筆記試験合格通知書

 

剣淵町の紹介パンフレットはこちらでご覧いただけます。

剣淵町紹介パンフレット

 

□お問い合わせ先
〒098-0392 上川郡剣淵町仲町37番1号
剣淵町役場 総務課総務グループ
電 話 0165-26-9021(直通)
メール soumu@town.kembuchi.hokkaido.jp

公共交通利便増進に関するパブリックコメントを募集します

町が参画する北海道上川地域公共交通活性化協議会において、「北海道上川地域公共交通計画」

に定めた施策を展開することを目的として、北海道上川地域公共交通利便増進実施計画(案)

の策定にあたり、パブリックコメントを実施していますのでお知らせします。

 

募集期間

令和6年6月14日(金)から令和6年7月16日(火)まで

 

計画案及び提出方法等

下記のURLからご確認下さい。※北海道上川総合振興局のホームページです。

https://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/152967.html

 

 

剣淵町では、農業に興味のある方や、将来農業に従事したい方などを対象に、「農業トライアルツアー」を開催します。

剣淵町での農業体験のほか、観光施設の見学等も予定しておりますので、以下に添付している開催要領等をご確認いただき、参加を希望される場合は別添申込書を事務局まで提出してください。

R6剣淵町農業トライアルツアー要項

R6 剣淵町農業トライアルツアー行程表

R6剣淵町農業トライアルツアー参加申込書

参加同意書(未成年の場合)

 

事務局 剣淵町農業担い手支援センター

担当: 原・酒井

☎ 0165-34-3311 FAX 0165-34-2088

名寄保健所における主な感染症の発生動向

警報・注意報なし

警報 発表はありません。
注意報 発表はありません。

 

「警報」は「大きな流行が発生または継続しつつあると疑われること」を示します。

「注意報」は流行の発生前であれば、「今後、4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高いこと」、流行の発生後であれば、「流行が継続している」と疑われることを示します。

※注意報は、インフルエンザ、水痘、流行性耳下腺炎のみ

 

インフルエンザは、流行時期に合わせて、毎年、第36週(8月末~9月初旬)から翌年の第35週までの1年間をインフルエンザシーズンとして報告しています。

 

上記の感染症発生動向は、定点報告対象の感染症であり、あらかじめ指定した医療機関からの患者数の報告をもとに集計し、分析して報告している情報です。

 

北海道の感染症の発生動向

北海道の主な感染症の発生動向については、こちらでご確認ください。

道感染症対策課 HP https://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kst/149369.html

株式会社マツダの公式ブログや

YouTubeチャンネルで剣淵町が紹介されています!

 

今年の2月に開催されたイベント「MAZDA OPEN DAY2024 IN KEMBUCHI」の様子や

剣淵町と株式会社マツダさんのつながりがわかる映像が株式会社マツダBLOGや公式YouTubeチャンネルでご覧になれます。

下記のリンクからご覧ください。

 

リンク集

極寒の大地がマツダ車を育む | MAZDA BLOG

 

MAZDA OPEN DAY 2024 IN KEMBUCHIダイジェスト動画 – YouTube

 

極寒の大地がマツダ車を育む ―1,300km離れた剣淵町とマツダのつながりー (youtube.com)

 

 

 

総務課企画財務広報グループ ☏0165-26-9021(直通)

令和6年4月1日(月)から剣淵郵便局及び西原郵便局においてマイナンバーカードの申請支援窓口を開設します。
マイナンバーカードの申請に使用する顔写真の無料撮影や申請書の記入をサポートさせていただきます。
予約不要ですのでお気軽にお立ち寄りください。

 

申請できる郵便局

剣淵郵便局(剣淵町仲町8番4号)

西原郵便局(剣淵町西原町2064番地)

 

受付時間(予約不要)

平日(土日祝日、12月31日~1月3日を除く) ・・・ 9時~17時

 

対象者

次のすべてに当てはまる人

・剣淵町に住民票がある人

・マイナンバーカードを新規に申請する人

・申請時に本人が窓口(郵便局)に来ることができる人

・申請後2か月以内に転出する予定のない人

 

手続きに必要なもの

個人番号交付申請書 または 個人番号通知書兼申請書

 ※上記の書類をお持ちの場合は手続きがスムーズです。
書類がない場合でも申請いただけますので、お気軽にお越しください。

 

注意事項

・撮影した顔写真の画像データはお渡しできません

・申請からマイナンバーカードの受け取りまでは1か月以上かかります

・マイナンバーカードの受け取りは役場住民課戸籍年金医療グループになります

 

広報チラシ 剣渕・西原郵便局ポスター及びチラシ

 

お問い合わせ先

住民課戸籍年金医療グループ 電話 0165-26-9026

       ※マイナンバーカードの申請・交付以外に係るお問合せ先

総務課企画財務広報グループ 電話 0165-26-9021

剣淵町で活躍している地域おこし協力隊、みなさんの日々の活動報告を掲載しています。

ぜひ、ご覧ください。

 

活動報告資料

地域おこし協力隊活動報告(集約)※クリックするとPDFでご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ 総務課企画財務広報グループ ☎0165-26-9021(直通)

農業経営基盤強化促進法に基づく地域計画策定に向けた協議の場として、本説明会を多数の皆様のご参加を得て、活発な質疑のもとに開催できましたことに厚くお礼申し上げます。
開催結果については、次のとおりです。
開催日   令和6年3月21日(木)10:00~11:30
開催場所  剣淵町民センター
出席者数  98名
内 訳  農業者85名
関係機関団体7名
主催・事務局6名

 

説明会の概要

 

1 農地法等の改正内容及び検討結果

農業経営基盤強化促進法の改正に伴い、地域計画の作成が求められており、町内の農用地利用改善組合を単位として将来の姿を検討していくために、ルールの統一を検討してきた。
剣淵町農用地利用改善組合連絡協議会を昨年10月から毎月開催し、検討を重ねた結果として、本説明会の開催に至った。
今後の賃貸借・売買については中間管理機構(北海道農業公社)が間に入ることとなり、令和7年3月までに地域計画の策定が求められているため、特に重要な目標地図の作成に向けてご協力をお願いしたい。

 

2 地域計画の作成について

現状地図は、令和4年9月時点で作成済みであり、各農用地利用改善組合に10年後を見据えた目標地図の作成にあたり、今後検討をお願いする。

 

3 改善組合について

 

(1)会員について
(改善組合に入れる方)
・ 地区(改善組合の区域)内で耕作している農業者
・ 地区内に住所を有する農業者
・ 地区内農地の所有者
(加入方法)
各地区の改善組合長に届け出る

 

(2)受け手の選定について
各地区であっせん基準に従い、賃貸借・売買の受け手を決定する。
決定方法は、各地区の総意により決定
募集は、全組合員に対して行う
決定した結果は、全組合員に周知する

 

(3)賃貸借から売買に移行する場合の考え方
受け手の選定については、賃貸借の際に各改善組合で実施済みであり、売買に移行する際は、現在賃借している方に確認し、その方が受ける場合は、その時点で受け手の選定されるものとする。
その際に、賃貸借をしている方が土地を購入する意向がないときは、あらためて受け手を選定するために改善組合内に募集するものとする。
※ 現在、賃貸借がされているものは改善組合での相手方選定があったものとみなす。

 

4 農地中間管理機構について

地域計画の策定は、令和7年3月までに実施しなければならず、地域計画策定以降は、賃貸借も売買も農地中間管理機構(北海道農業公社)を介して行うものとなる。
このため、手数料が必要となること、売買の際の登記については公社が行うこととなるが、現在までと取扱いが変更となる。

 

(1)売買の場合
出し手  売買価格の2%
受け手  売買価格の1%(即売りタイプの場合のみ)
※ 即売りタイプ以外の受け手の負担
毎年、公社買取価格の1%、土地の賃借料を支払う。

 

(2)賃貸借の場合
従来は、賃貸借料の1%の手数料が必要。
当面の間、手数料はかからない。

 

(3)所有権移転登記について
売買に係る所有権移転登記は、公社が行う。
それ以外の登記(住所変更、地目変更など)は売主が所有権移転登記までに実施する。
※ 従来は、町が代理で実施してきたが、今後はできなくなった。

 

質疑のあった内容

Q 賃貸借を行った際に、出し手が強硬に受け手を指定し、売買の際は賃貸借による優先はしない、ということで了承した経緯のものが1件ある。
これについては、今回説明のあった賃貸借優先の取扱いとしないことでよいか。
A 賃貸借から売買の際には、借りている人が優先という原則は変わらない。但し、現在借りている方が辞退した場合は改めて改善組合で相手を選定することとなっている。
先に約束があるのであれば、改善組合内で意向を確認してほしい。
Q 今回の改正で手数料など負担が増えている。公社の手数料など、もう少し安くならないか。
A 国の制度として、現在まで負担が減ってきた経緯があり、今回の負担増は国の瀬策によるものとしてご理解いただきたい。
Q 農地を適切に管理できない、手が回らない、という農家が増えているように思う。農地を守る視点で改善組合で相手を決める際には検討してほしい(要望)。
Q 受け手が出ない農地が今後増えてきた場合はどうするのか。
A 今までも、全町にあっせんしても相手が出ないケースがあった。
なんとか農業委員や改善組合の努力で相手を見つけてきている現状。今までと同様の努力をしていく。
Q 8つの改善組合があり、それぞれ取扱いがバラバラだった。統一性を持たせることはできるのか。
A 今回の取扱いの変更については、農業者のみではなく、改善組合についても規制するもの。
現状課題として残っていることもあるが、今後話し合いを継続して統一していく考え。
Q 形だけでよいのであれば、全町一つでいいのではないか。
A 改善組合で調整する現行のやり方は機能しており、変える必要性は感じていない。
区域の変更は、賛否両論があり、簡単に決められるものではなく、現行通り進めていくこととしたところ。
Q 市街化調整区域の土地はどうなるのか
A 近くの改善組合で扱うことで、あっせんのメリットが受けられるようにしていきたい。

新築公営住宅 入居者募集について

 

令和6年2月に完成した公営住宅の入居者を募集しています。

入居を希望する方は剣淵町役場建設課へお申し込みください。

 

  • 住所:剣淵町緑町14番地
  • 入居できる方:公営住宅の入居資格を満たす方。
  • 申込み方法:入居申込書と所得がわかる書類をご提出ください。
  • 注意事項 :事前の内見はできませんのでご了承ください。

 

間取り 広 さ 月額家賃(目安) 備 考
2LDK 44.16㎡ 14,900円~22,200円 車庫なし
3LDK 70.63㎡ 23,900円~35,600円 2Fあり

 

※家賃は収入月額に応じて変動します。

※上記の家賃は今春建設した住宅の家賃を目安に記載しています。

※1台分の車庫が付属するため、別途月額2,500円発生します。

※間取りについてはPDF版でご確認ください。

 

PDF版はこちらをクリック→→新築公営住宅入居者募集について

※募集中の住戸数はPDF版ではなく、ホームページ上(上記)の記載が最新の戸数ですので

ご承知おきください。

 

問い合わせ 剣淵町役場建設課 ☎0165-26-9024

災害に備えて食料品や生活必需品を備蓄しましょう

地震などの災害が起きると交通網や電気・ガス・水道といったライフラインが寸断され、普段通りに買い物をすることも難しくなるおそれがあります。

飲食料や生活必需品を日頃から多めにストックしておき、使った分だけ買い足す習慣があれば、災害への備えにもなります。

各世帯の状況に応じて必要な備蓄品は変わります。世帯事情などに応じたオリジナルのチェックリストを作成し、必要なものを備えておきましょう。

 

総務課総務グループ TEL 0165-26-9021

令和4年5月に農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律が成立し、本年4月1日より施行されました。
このため、剣淵町の農業経営基盤強化の促進に関する基本的な構想についても変更が必要となり、ホームページ上に変更案を掲載させていただいたところです。
変更案については、関係機関からの同意を得て、北海道知事との協議も整いましたので、次のとおり決定させていただきましたので、皆様にお知らせいたします。

 

1 変更後の基本構想
 ・ 公告文(写し)

・ 剣淵町の農業経営基盤強化の促進に関する基本的な構想

 

(ご不明な点などがあればお問い合わせください。)

 

剣淵町役場農林課(〒098-0392 剣淵町仲町37番1号)
電話 0165-26-9023
FAX 0165-34-2590)
電子メール nourin@town.kembuchi.hokkaido.jp

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下「臨時交付金」という。)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止とともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じて、きめ細やかに必要な事業を実施できるよう内閣府において創設されたものです。
各地方公共団体においては、事業終了後に臨時交付金を活用して実施した事業の実施状況及びその効果について公表することとなっているため、本町の実施状況及び効果検証について、次のとおり公表します。

 

令和2年度実施計画分
令和3年度実施計画分
令和4年度実施計画分

 

総務課企画財務広報グループ 電話 26-9021

請求書の押印省略について

 

剣淵町に提出される請求書について、デジタル時代を見据えデジタルガバメント実現のため令和5年10月1日以降は請求書の押印を省略できるようになりました。

※今までどおり、押印のある請求書を提出いただくこともできます。

 

押印を省略するには

「請求書押印省略に係る登録申請書」を提出してください。

押印を省略した請求書には、債権者(代表者)に加え、請求書の発行に関する責任者と担当者の氏名及び連絡先(電話番号)を記載してください。請求書が届きましたら、毎回、真正性の確認のため、本件責任者及び担当者に問い合わせさせていただくこととなります。

しかしながら、業務の効率化を図るため、当町で作成しました「請求書押印省略に係る登録申請書」を提出いただき、登録申請書の内容と請求書の内容(メールアドレス、責任者、担当者等)が一致した場合は、当町からの確認を省略させていただきますので、請求書押印省略を希望する会社等におかれましては、「請求書押印省略に係る登録申請書」を提出してください。

 

請求書押印省略に係る登録申請書・・・touroku.xlsx

請求書押印省略に係る登録申請書は、pdfに変換の上、下記の電子メールに提出してください。

kembuchi-seikyuu@town.kembuchi.hokkaido.jp

 

電子メールによる提出について

〇請求書をPDF形式の添付ファイルにして、下記の電子メールに提出してください。

kembuchi-seikyuu@town.kembuchi.hokkaido.jp

〇電子メールより提出する場合は、押印の有無にかかわらず「本件責任者及び担当者の氏名と連絡先(電話番号)」を記載してください。

〇電子メール本文中には、請求先の担当課等を記載願います(請求書内に記載いただくことでも構いません)。

 

請求書の様式について

Excel 請求書様式、記載例

 

請求書に係るQ&A

押印省略の請求書についてのQ&A

 

 

総務課企画財務広報グループ 電話 0165-26-9021

ヒグマ出没情報

 

 

 

 

 

No 日時 場所 時間 痕跡 写真
2023年4月24日 剣淵町東町 町道シルトルマップ2線 午前11時頃
2023年4月27日 剣淵町東町 町道刈分東支線 午前7時頃 足跡
2023年5月29日 剣淵町東町 墓地付近 午前7時頃 足跡
2023年6月6日 剣淵町西岡町 町道9線 午後1時頃 足跡
5 2023年8月22日 剣淵町南桜町 町道南4線沿い 午後4時頃 足跡
2023年8月22日 剣淵町西岡町 町道4線3号道路付近 午前10時頃
           
           
           
           
           

※下のマップの右上にある四角括弧をクリックするとGoogleマップが表示されますのでより見やすくなります。

●お問い合わせ先
〒098-0392 北海道上川郡剣淵町仲町37番1号
剣淵町役場農林課農林グループ
TEL : 0165-26-9023(直通)
FAX : 0165-34-2590
Email : nourin-g@town.kembuchi.hokkaido.jp

近年、人口減少・高齢化や相続件数の増加等に伴い、低未利用土地や不動産登記事項証明だけでは所有者が分からない土地(いわゆる所有者不明土地)が増加しています。これらの土地はまちの活性化や必要な事業の実施を阻害するほか、適正な管理が実施されないことで、防災・防犯・安全・環境・景観等の多岐にわたる問題を生じさせるおそれがあります。
本町では、今後更なる増加が見込まれる所有者不明土地や低未利用土地に対して総合的かつ計画的な対策を講じていくため、「剣淵町所有者不明土地対策計画」を作成しました。

 

剣淵町所有者不明土地対策計画

 

お問合せ先 総務課企画財務広報グループ 0165-26-9021

転出届はマイナポータルからも可能に!

 

令和5年2月6日から、転出届についてマイナポータル(※)を通じたオンラインでの届出が可能になりました。このサービスを利用する方は、転出にあたり剣淵町役場への来庁が原則不要となります。

 

電子証明書が有効なマイナンバーカードをお持ちの方で、日本国内での引越しをする方がご利用いただけます。ご本人単身での引越しの他、ご本人と同一世帯員、ご本人以外の世帯員の方が引越しする場合でも利用可能です。ただし、ご本人以外の世帯員が引越しされる場合、異動する世帯員のうち少なくとも1人以上の方がマイナンバーカードの交付を受けている必要があります。

なお、転入・転居の手続きについては、必ず窓口にお越しいただく必要があります。お越しの際は転出に伴う各種被保険者証や受給者証、マイナンバーカードをご持参ください。​

 

(※)マイナポータルとは、子育てや介護などの行政手続の検索、オンライン申請などワンストップのサービスを提供する行政手続のオンライン窓口です。オンライン申請のほか、行政機関等が保有するご自身の情報の確認や、行政機関等からのお知らせ内容を確認することもできます。なお、一部の機能のご利用にはマイナンバーカードが必要です。

 

マイナポータルへのアクセスは本ページ下部にあるリンク、QRから可能です。

 

手続きの際の注意

 

・引越し先の住所や引越し日が決まっていない場合、国外へ引越しする場合は利用できません。

 

・マイナンバーカードに記載されている情報(住所など)と現在の住民票の情報が異なる場合は利用できません。郵送や窓口で手続きを行ってください。

 

・新住所に住み始めた日から14日以内かつ転出予定日から30日以内に、転入先市区町村へ転入手続きをしてください。期限を過ぎるとマイナンバーカードが失効します。余裕をもってお手続きください。 

 

・マイナンバーカードは、電子証明書が有効な状態なもので、署名用電子証明書の暗証番号(6~16桁の英数)、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)、券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)が必要です。電子証明書が失効している場合は、ご利用いただけません。

 

   暗証番号をお忘れの場合・電子証明書が失効している場合​

 

・手続きの際にメールアドレスを登録されなかった場合、確認メール等が届きませんので、メールアドレスの登録を推奨いたします。

 

・迷惑メール対策やドメイン指定受信等を設定している方は、【@myna.go.jp 】および【@mail.oss.myna.go.jp】からのメールを受信できるよう受信許可の設定をお願いいたします。設定をされていない場合、確認メール等が届かない可能性があります。

 

・申請状況が更新されると確認メールが届きますが、本文には申請結果の詳細については記載がございません。マイナポータルから申請結果をご確認ください。

 

・マイナポータル画面に申請者の方への確認事項や連絡事項を記載している場合がありますので、マイナポータルを適宜ご確認ください。

 

※システムの不具合等でサービス及びマイナンバーカードが利用できない場合は、通常通り窓口もしくは郵送でのご案内となります。

 

本サービス関連サイト

マイナポータルへのアクセスはこちらから<外部リンク>

 

qr 

住民課戸籍年金医療グループ 0165-26-9026

令和5・6年度指名競争入札参加資格審査申請 定時受付について

剣淵町が令和5・6年度に発注する建設工事などの競争入札に参加できる方は、剣淵町がその資格を有すると認めた方に限られます。

参加を希望される方は、あらかじめ、定められた申請書類を剣淵町に提出し、資格を有するかどうかの審査を受けてください。

なお、窓口受付の際はマスク着用・手指の消毒や、体調不良の際は取りやめ郵送するなど、新型コロナウイルス感染予防対策にご協力ください。

状況に合わせ、窓口受付を中止する場合もありますので、町ホームページの最新情報をご確認ください。

 

概要は下記のとおりです。

 

1 受付日程

令和5年2月1日(水)から令和5年2月28日(火)まで

※窓口受付は土曜・日曜・祭日を除く午前8時15分から午後5時まで。

ただし、12時~13時の間は担当者不在の場合があるため、お問い合わせには対応できない

場合があります。ご了承ください。

※上記の日程後に提出された場合には随時受付の取扱いになりますのでご承知おきください。

 

2 受付・問い合わせ場所

【持参の場合】剣淵町役場2階 建設課土木建築グループ

【郵送の場合】〒098-0392

北海道上川郡剣淵町仲町37番1号

剣淵町役場 建設課土木建築グループ あて (当日の消印有効)

【問い合わせ】0165-26-9024(直通)

※電子メールやFAXでの申請は受け付けていません。

 

3 申請方法(下記以外の方法では受け付けていません)

【持参の場合】受付期間内に必要書類を持参の上、受付場所へ提出してください。

【郵送の場合】必要書類のほかに、切手、宛名シールまたは住所記入のある返信用封筒を同封してください。申請書付票(控)や、物品・業務用受領票を送付させていただきます。ただし、独自様式の受領票がある場合は併せて同封ください。返信用封筒が無い場合は受領票などは送付できませんので、返送されていない場合にはお問い合わせください。

 

4 申請書および申請に必要なもの

【建設工事】

・市町村統一様式で申請してください。

・使用様式→市町村統一様式1、3、3の2、4、9に必要事項を記載ください。

様式はこちらをダウンロードの上、ご使用ください。→→→剣淵町申請様式(工事・設計)HP用

※令和6年3月より(一社)北海道土木協会での様式の取扱いは終了しました。

・添付様式→以下のとおり

・紙ファイルに綴じて提出してください。

 

①経営事項審査結果通知書の写し

②工事(事業)経歴書

③技術者名簿

④納税証明書(道市町村全般、消費税及び地方消費税、写し可)

⑤登記簿謄本(写し可)

⑥建設業法許可通知書及び許可申請書別表1・2の一覧表の写し

⑦建設業退職金共済組合等の加入・履行証明書の写し

⑧建設工事等競争入札参加資格申請書付票

⑨印鑑証明書の写し

⑩直近1年間の決算書(個人は申告書の写し)

⑪委任状(受任先のある場合)

⑫法廷保険加入一覧表(申請者すべて対象)  参考様式→hoken.docx

※加入している場合は、納付書の写しなど事業所番号の確認できる書類を添付ください。

※個人経営により加入されていない場合など、特殊な事情がある方は、理由を明記のう

え、代わりとなる資料を添付してください。

⑬誓約書  参考様式→ seiyakusyo

 

【建築設計、土木設計、測量、地質調査、清掃などの委託業務、技術資料作成】

・市町村統一様式で申請してください。

・使用様式→市町村統一様式1、3、3の2、4、10に必要事項を記載ください。

様式はこちらをダウンロードの上、ご使用ください。→→→剣淵町申請様式(工事・設計)HP用

※令和6年3月より(一社)北海道土木協会での様式の取扱いは終了しました。

・紙ファイルに綴じて提出してください。

・添付様式→以下のとおり

 

建設工事添付様式の②~⑤、⑨~⑬までの書類

⑭各種登録書の写し

※建築設計→建築士法第23条の規定による登録通知書

※測  量→測量法第55条の規定による登録通知書

※土木設計、地質調査、技術資料作成→建設コンサルタント登録規定、地質調査業者登録規定、補償コンサルタント登録規定による登録を受けている場合は、現況報告書または登録書を写し

⑮設計等競争入札参加資格申請書付票

※その他営業に関し、法令の規定に基づく許可、認定、登録などを必要とするものにあっては、当該許可、認定、登録などに係る許可書、通知書または証明書の写し

 

〇各種共通〇

・受任先がある場合は、委任状および受任先の法人市町村民税の納税証明書を提出してください。

・付票の従業員数および様式4の技術者名簿は受任先の分を記載してください。

・様式中に押印が求められる部分には押印ください。そのほか、「㊞」がない部分は押印省略可能とし、申請者側の押印省略の内規の確認はいたしません。押印がない場合にも申請者から提出されたものとして受け付けしますので、なりすまし等にご注意ください。

 

【物品、印刷物・印章の製造、物品の賃貸借】

申請書類一式は北海道様式を「剣淵町」におきかえてご使用ください。

電子による申請はできませんのでご承知おきください。

(記載例 PDF:物品申請書一式(剣淵町置換済) Excel:物品申請書一式(剣淵町置換済)

 

申請年度は令和5・6年の2年です。

様式等は下記の北海道のホームページよりダウンロードしてください。

https://www.pref.hokkaido.lg.jp/st/cut/95428.html

 

添付書類は北海道様式や上記の建設工事などを参考に、ご用意ください。

北海道のホームページ内および申請の手引きにおいて、北海道のみに関わる事項は読み飛ばしてください。記載事項に食い違いが生じた際は町ホームページの記載事項を優先します。

 

※別記様式その1について、受任先の支店・営業所がある場合には(代理人による申請を行う場合)にご記入ください。

※添付書類は、製品の納入などに必要な該当する事項がある場合は、上記建設工事や委託業務に関する添付書類②~⑤および⑨~⑭を参考添付書類をご用意のうえ、提出ください。

 

5 入札参加資格の有効期間

令和5年4月1日から令和7年3月31日までの2年間

 

6 随時受付

令和5年4月1日以降は、上記申込み要領のとおり申請していただけますと、随時受付が可能となります。(申請書が到着し処理が済み次第名簿登載となりますので、名簿未登載の時期が発生します)

 

 

お問合せ先 建設課土木建築グループ ☎ 0165-26-9024

剣淵町健康福祉総合センター公衆浴場利用料金の改定について

北海道公衆浴場統制額が改定されたことを踏まえ、健康福祉総合センター公衆浴場の

利用料金を次のとおり改定します。

 

料金改定日 令和6年1月1日

 

区分 改定前 改定後
大人(中学生以上60歳未満) 480円 490円
大人(満60歳以上) 240円 240円
中人(小学生)※6歳以上12歳未満 140円 150円
小人(未就学児)※満6歳未満 70円 80円
月間入浴券(町内在住満60歳以上) 2,400円 2,400円

 

 

お問い合わせ 健康福祉課福祉介護グループ TEL:0165-34-3955

申請時来庁方式とは

マイナンバーカード申請時に、申請者ご本人に来庁していただき、後日マイナンバーカードを本人限定受取郵便」(郵便局から到着通知書が送付され、受取り時には、郵便局員に本人確認書類の提示が必要となります。再送ができませんので確実にお受取り下さい。)で受取っていただく方式です。

カードは概ね1か月程度で、住民票の住所に郵送します。

 

申請開始日

令和4年11月1日~

 

申請手続きについて

①窓口で申請書の記入・申し込み ※必要書類(下記、申請時に必要なものをご確認ください)がそろわない場合は、窓口での受取りになります。

②顔写真を撮影します(無料)。

③暗証番号設定依頼書に暗証番号を記入します。

④カードが出来上がり次第、本人限定郵便で受け取ります。

 

申請時に必要なもの

 

通知カード または 個人番号通知書(A4)をお持ちの方 通知カード または 個人番号通知書(A4)をお持ちでない方
「通知カード」または「個人番号通知書」と次のいずれかを持参してください。

・Aから1点

・Bから2点

次のいずれかを持参してください。

・Aから2点

・Aから1点とBから1点

※Aをお持ちでない方は窓口での受け取りになります。

A ※有効期限内のもので、記載内容が最新のもの

運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住民基本台帳カード(写真付き)、在留カード、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳

B ※「漢字氏名+住所」または「漢字氏名+生年月日」の記載のあるもの

健康保険証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険証、年金手帳(証書)、学生証、

医療費受給者証(乳幼児、ひとり親、重度心身障害者)、母子健康手帳(出生届出済証明欄に証明があり、現在の氏名と一致するものに限り、子の本人確認書類として有効)など

 

申請窓口

剣淵町役場住民課 戸籍年金医療グループ(4番・5番窓口) 電話 0165-26-9026

令和4年10月1日から「ごみの分別」及び「収集サイクル」が変更になります

 

  令和4年10月1日から開始する一般ごみの有料化に伴い、ごみの分別方法及び収集サイクルが変更になります。詳しくは、「ゴミの分別手引き」と「ごみ収集カレンダー」をご確認ください。

  また、広報9月号にごみ収集サイクルの変更内容の要約しているものを掲載していますのでご確認ください。

「ゴミの分別手引き」「ごみ収集カレンダー」のページはこちら

 

広報誌9月号ごみに関するページはこちら(PDf)

 

 

お問合せ先 住民課環境生活グループ☎0165-26-9026

剣淵町ゼロカーボンシティ宣言について

 

  剣淵町では、令和4年6月21日に『ゼロカーボンシティ』を宣言しました。

  地球温暖化の原因となる、温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現に向け、町民・事業者・行政が一体となり、2050年までに、二酸化炭素排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言し脱炭素化に向け取り組んでいきます。

※画像をクリックすると拡大します。

 

お問い合わせ先 総務課☎0165-26-9021

国内義援金・海外救援金にご協力をお願いします(5月30日更新)

 

災害で被災された方などを支援するため、日本赤十字社剣淵町分区事務局(健康福祉課福祉介護グループ)では義援金・救援金を受け付けています。また、郵便振替や銀行振込などで日本赤十字社に送金する方法もあります。

現在受付中の義援金・救援金は下記のとおりです。(義援金等の名称をクリックすると日本赤十字社のホームページに移動します。)

 

 

国内義援金

義援金名称 受付期間
令和5年7月7日からの大雨災害義援金

(配分先:福岡県、佐賀県、大分県、島根県、

秋田県、富山県、石川県)

令和6年3月29日(金)まで
令和6年能登半島地震災害義援金

(配分先:石川県、富山県(12/27まで)、

福井県(12/27まで)、新潟県(12/27まで))

令和6年12月27日(金)まで

 

海外救援金

義援金名称 受付期間
ウクライナ人道危機救援金 令和7年3月31日(月)まで
アフガニスタン人道危機救援金 令和7年3月31日(月)まで
中東人道危機救援金 令和7年3月31日(月)まで
バングラデシュ南部避難民救援金 令和7年3月31日(月)まで
イスラエル・ガザ人道危機救援金 令和6年9月30日(月)まで
2024年台湾東部沖地震救援金 令和6年6月28日(金)まで

 

 

お問い合わせ先
健康福祉課福祉介護グループ(ふれあい健康センター内)
TEL 0165-34-3955

剣淵町にある空き家や老朽家屋などの解体工事でお困りの皆さまへ

 

剣淵町では、空き家対策モデル事業(国土交通省公民連携事業)の一環として株式会社クラッソーネと「空家等の適切な除却促進に関する連携協定」を締結しています。

「解体工事の施工できる業者を知らない」「解体にどれくらいの費用が必要なのか不安」などでお困りの方は、下記のサイトで、剣淵町にある建物を解体工事が施工できる業者の紹介や無料見積もりを依頼することが可能です。

住宅解体工事でお困りの方はぜひご活用ください。

 

〇剣淵町版 解体費用シミュレーター

(国土交通省の空き家対策モデル事業採択の株式会社クラッソーネが運営)

  ⇒解体費用の概算を知りたい方はこちら。

 

〇解体業者の紹介および無料見積り

  ⇒解体工事の業者紹介依頼の方はこちら。

 

株式会社クラッソーネ空き家対策モデル事業資料(PDF)

 

お問い合わせ先 総務課企画財務広報グループ ☎0165-26-9021

剣淵町史 続史二を販売しています

 

平成30年に剣淵町開基120年を迎え、前町史「百年のあゆみ 剣淵町史 続史一」の続編となる剣淵町史 続史二を販売します。

また、数量限定で前町史とセット販売も致しますのでご希望される方は期間にご購入ください。

 

〔剣淵町史 続史二販売額〕

●剣淵町内にお住いの方:1冊@4,000円

(前町史とセット購入される場合:1セット@5,000円)

 

●剣淵町以外にお住いの方:1冊@10,000円

(前町史とセット購入される場合:1セット@11,000円)

 

 

 

〔申請書〕

剣淵町内にお住まいの方(申請書Word)

 

剣淵町以外にお住まいの方(申請書Word)

 

総務課企画財務広報グループ 電話0165-26-9021