予防接種に関すること

予防接種の受け方や時期などの詳細は、個別に配布している「予防接種のしおり」を参考にしていただくか、健康福祉課保健グループ(電話0165-34-3955)までお問い合せください。 日程についてはこちらをご覧ください。

 

ところ 剣淵町立診療所・士別市立病院
申込み 町立診療所で受ける場合 受けたい予防接種の接種日の1週間前までにお申し込みください。(接種できなくなった場合も必ずご連絡願います。)
士別市立病院で受ける場合 受けたい予防接種の接種日の2日前までに小児科へお申し込みください。(電話でのお申し込みは16:00~17:00にお願いします。)

インフルエンザ予防接種助成事業

対象

町内または町外医療機関で接種したインフルエンザ予防接種費用

 

助成額

1回につき、1,200円まで
ただし、生活保護受給世帯、および1回目接種時13歳未満の子どもの2回目の施接種費用については、全額助成します。

 

申請方法

町立診療所で接種した場合

申請は不要です。(窓口支払い時、すでに1,200円が引かれています。)

 

町外医療機関で接種した場合

領収書(インフルエンザの予防接種を受けたことがわかるもの)、保険証、印鑑、振込先を確認できるもの(通帳)を持参の上、ふれあい健康センターにて申請手続きをしてください。

 

 

高齢者肺炎球菌予防接種助成事業

対象

65歳以上の町民で、町内または町外医療機関で接種した肺炎球菌予防接種費用

 

助成額

1回につき3,000円まで

 

申請方法

町立診療所で接種した場合

申請は不要です。(窓口支払い時、すでに3,000円が引かれています。)

 

町外医療機関で接種した場合

領収書(高齢者肺炎球菌の予防接種を受けたことがわかるもの)、接種済カード(持っている方のみ)、保険証、印鑑、振込先を確認できるもの(通帳)を持参の上、ふれあい健康センターにて申請手続きをしてください。

 

 

乳幼児定期接種

予防接種には、予防接種法に基づいて各自治体が実施主体となって行われる定期接種と、希望者が各自医療機関で接種する任意接種があります。いずれもお子さんの体調の良い時に医師と相談しながら受けることができるよう個別接種の方法で実施しています。

 

接種できる医療機関

[剣淵町立診療所] ℡ 0165-34-2030

接種日の1週間前までにお申し込みください。(接種できなくなった場合も必ずご連絡ください。)

 

[士別市立病院] ℡ 0165-23-2166

接種日の2日前までに小児科へお申込みください。(電話はできるだけ、16:00~17:00の間にお願いします。)

日程は、R2年度予防接種・乳幼児健診日程表を参照してください。
予防接種の種類により、受付時間・日程が異なる場合があります。医療機関にご確認ください。

 

持ち物

母子手帳、予診票(説明文をご理解の上、記載したもの)

 

内容

予防接種の受け方や時期などの詳細は、個別に配布している「予防接種のしおり」を参考にしていただくか、下記問い合わせ先までご相談ください。

 

予防接種のしおり(pdf)

麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの2期、日本脳炎ワクチンの2期、二種混合(DT)ワクチンの2期接種は、それぞれ接種時期になりましたら個別にご案内しています。

 

費用

定期接種は無料(剣淵町に住所を有する方)
事前の申請なく、上記以外の医療機関で接種した場合は自己負担が発生します。接種後に助成することができませんのでご了承ください。

 

任意接種

任意予防接種に関しては全額自己負担となりますが、保護者が必要と判断したものは、定期接種の妨げとならないように気をつけながら接種を進めましょう。

 

子どもに関する任意接種(pdf)

 

委託外医療機関での接種

委託している医療機関(剣淵町立診療所・士別市立病院)での接種が難しい場合、事前申請により委託外医療機関での接種が可能になります。事前申請なく接種した場合の費用は助成できませんので、必ず事前申請してください。条件により助成対象にならない場合がありますので、詳しくは委託医療機関 説明(PDF)をご確認の上、申請してください。

 

剣淵町予防接種依頼書交付申請書(PDF)
剣淵町委託外予防接種実施報告書兼助成金申請書(PDF)

 

持ち物

母子手帳

 

問い合わせ

健康福祉課保健グループ(℡0165-34-3955)

 

 

風しん抗体検査・風しん第5期予防接種について

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な予防接種を受ける機会のなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、抗体保有率が80%と他の世代に比べて低くなっています。

そのため、令和元年度から令和4年3月31日までの3年間に限り、この年代の男性を風しんの定期接種の対象として、計画的にクーポン券を発行します。

対象者は、最初にクーポン券を利用して無料で抗体検査を受けます。抗体検査の結果、十分な量の抗体がない場合は、無料で受けることのできる定期予防接種「麻しん風しん混合ワクチン」の対象者となります。

 

対象

令和2年度のクーポン券送付対象者:剣淵町に住民票のある昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性

令和元年度にクーポン券を送付した昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、クーポン券の有効期限が2020年3月までとなっていますが、そのままご利用いただけます。紛失により再発行を希望する方は、健康福祉課までご連絡ください。

 

内容

R2年度風しん抗体検査・予防接種についてのお知らせ
風しん抗体検査・風しん第5期予防接種受託医療機関

 

問い合わせ

健康福祉課保健グループ(℡0165-34-3955)r


関連ページ