まちづくり提言事業

まちづくり提言事業とは

より多くの町民の皆さんと、町と一緒になって『まちづくり』を考えて進めていきたいと思います。
「私はこういう考えをもっている」、「日頃から感じていることや、思っていること」など、具体的な提言(声)をお寄せください。
お寄せいただいた提言は、町長が目を通して、お返事をいたします。
合わせて、『今後のまちづくり』の参考にさせていただきます。
町長に直接提言できる新たな広聴の機会です。

 

利用できる人

町内に在住、在勤又は在学する人です。

 

提言の方法等

町長への手紙

町広報紙6月号に専用用紙を折り込みして、町内全戸に配布します。
この用紙に、提言の内容、住所と氏名を必ず記載をして、持参、FAX又は郵送(通信料、郵送料は、提言者の負担でお願いします。)によりお寄せください。

 

受付期間:7月1日~7月31日の1ヵ月です。

 

町民の声受付箱

「役場庁舎、町民センター、健康福祉総合センター、町立診療所と絵本の館」に設置した専用用紙に、提言の内容、住所と氏名を必ず記載して、備え付けの専用投函箱(受付箱)へ投函してください。
合わせて、町(役場)ホームページ内の電子メールでも、同様にお出しすることができます。

 

受付期間:通年です。ただし、公共施設での投函は、開庁日(開庁時間)となります。

 

提言の内容等

提言は、建設的なもの、又は大衆的なものをお願いします。
ただし、住所・氏名の記載のないもの、次のような提言はお受けできませんのでお気をつけください。                           
なお、町職員はいずれにしても提言はできません。

 

  • 個人的な問題のもの
  • 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を阻害するもの
  • 宗教・政治(思想、信条)活動のもの
  • 営利を目的としたもの
  • 特定の個人や団体を誹謗、中傷したもの
  • 事実でないもの、又は事実と確認できないもの
  • 町の所管する事務・事業でないもの
  • 目的に反しているもの

 

住所・氏名の記載のお願い

住所と氏名の記載をお願いする理由には、提言への責任と、提言の内容によっては、問い合わせをいたします。
そのため住所と氏名、出来れば電話番号までお書きいただければ幸いです。

 

処理と回答方法

お寄せいただいた提言は、町長が目を通して、お返事をいたします。
なお、提言は、広く町民に受け入れられるものでありますから、次の方法でお返事をいたしますので、ご理解をお願いいたします。

 

  • 適時、町広報紙に掲載します。この場合は、個人の特定ができないよう配慮をいたします。
  • 文書によりお返事を希望する場合は、通知書(文書)を送付します。

 

 

お問い合わせ
町づくり観光課企画商工観光グループ
電話 0165-34-2121


関連ページ