農地保有合理化促進事業について

事業の内容

農地を北海道農業開発公社が買い入れます。
その農地を受け手の農業者に5年間(最長10年間)貸付けます。
5年経過時に受け手の農業者に売払いをします。

 

メリット

売る人については、譲渡所得税の特別控除1500万円が受けられます。
買う人は、5年間、売買価格の2%で借ります。(2%×5年=10%)
買うときに、農地価格が下がれば、下がった価格で買います。
下落率が10%以上の場合は、10%下がった価格となります。

 

読んでください

売り手の方については、通常の斡旋売買よりも条件が厳しく、
場合によっては、分筆登記が必要になる場合もあり、現地の確認も必要なため、
冬場に申し出されても、受付できない場合もあります。
農地の処分を考えておられる場合は、早めに農業委員会にお問い合わせください。

 

お問い合わせ
農業委員会 農地係・庶務係 0165-34-2121

 


関連ページ