農林水産統計に係る専門調査員の募集について

農林水産統計に係る専門調査員の募集について

北海道農政事務所旭川地域拠点統計チームでは、令和3年度農林水産統計調査に係る専門調査員を募集しています。

 

◆専門調査員とは

①農家等を訪問し、経営状況、経営収支、労働時間等の把握を行う「経営統計」又は、②水稲の穂数・もみ数等の計測や刈り取り調査、農作物の作付は生育等の現地確認を行う「生産統計」に従事していただく調査員です。

 

◆経営統計

(1)仕事:定期的に農家等を訪問し、聞き取り、調査票の回収・チェックを行い、農産物の販売収入や生産資材の購入に掛かる支出などの農業収入や農業労働時間について、項目別にパソコン(エクセル等)で入力・集計。目標として7農家を担当(担当する農家数は、相談の上決定します)。

 

(2)報酬:1年間で7農家を担当(年間950時間従事)すると、約120万円の手当が支給されます。(受け持つ調査や農家等の数に応じて手当額は増減します。)

①農産物生産費調査の場合:1農家当たり約14万円。

②畜産物生産費調査の場合:1農家当たり約22万円。

注)作業時間は目安であり、習熟度や調査農家の記帳の状況等により増減します。

 

◆生産統計

(1)仕事:水稲、野菜、果樹等の農作物の生育期間に農地へ出向き、水稲の穂数・もみ数等の計量や刈り取り調査、農作物ごとの作付面積、生育・被害状況等の把握など、各種フィールド調査から複数調査を担当。目標として延べ400調査区画を担当(担当する農家数は、相談の上、決定します)。

 

(2)報酬:一年間で延べ400調査区画等を担当(年間約750時間従事)すると、約95万円のてあてが支給されます。(受持つ業務の種類、量によって増減します。)

①水稲の刈り取り調査の場合:一枚の水田(約60株の刈り取り、脱穀等)で約5千3百円。

②野菜の作付面積の把握調査の場合:1区画(農作物の確認等約2時間)で約2千4百円。

注)作業時間は目安であり、習熟度や調査農家の記帳の状況等により増減します。

 

◆募集要件

次の要件を全て満たす者が応募できます。

①一定の就業経験(大学院卒業後2年以上、大学卒業後4年以上、高校卒業後9年以上)を有する者

②統計調査の実務経験を一定以上有する者

③当該統計調査を円滑に実施できる知識及び能力を有すると認められるもの又は侑留守事が出来ると認められる者。

※①及び②には特例措置があります。また、③の知識及び能力は農林水産省が主催する研修を受講することにより要件を満たす者も含みます。加えて経営統計ではパソコンの基本操作(ワープロやエクセル等)が出来ることが望ましいです。

 

◆募集期間

令和3年1月12日から令和3年2月12日まで

 

◆応募方法

専門調査員の業務に関心のある方は、最寄りの地域拠点等又は北海道農政事務所統計部へ連絡してください。

【連絡先】

名称:北海道農政事務所旭川地域拠点統計チーム

住所:旭川市宮前1条3丁目3番15号 旭川地方合同庁舎

電話:0166-30-9304

 

◆詳細について

北海道農政事務所のホームページで詳しい内容や応募用紙などをご確認ください

北海道農政事務所ホームページはこちら

 

総務課企画財務広報グループ