剣淵町内及び北海道内の新型コロナウイルス発生状況(9月27日現在)

剣淵町内及び北海道内の新型コロナウイルス発生状況

 

新型コロナウイルス感染症については、上川管内において罹患者が確認されています。 町民の皆様におかれましては、風邪やインフルエンザと同様に、感染症のまん延防止への対策をお願いいたします。

 

このようなときは相談を

 

①息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。

②重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。

③上記以外の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合。

 

 これらの症状がある方は、下記までご相談ください。 症状などをお聞きしたうえで、必要な場合は、専門の医療機関等をご紹介いただけます。   その他の方は、通常どおりの受診でよろしいですが、感染について不安がある場合は受診前に医療機関に相談してから受診するように心がけてください。

 

※発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
※発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

 

相談先~北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター~

 

北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための「帰国者・接触者相談センター」と「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一し、新たに「北海道新型コロナウイルス感染症 健康センター」としました。

 

○業務内容

・感染症に関する一般相談

・発熱等の症状のある方からの相談対応

・来道者・帰省者・転勤者への相談対応

○期間

令和3年4月1日(木)~

○電話番号

0120-501-507(24時間・フリーダイヤル)

令和3年4月より、電話番後が変更となりました。

 

※聴覚に障がいのある方など向け専用連絡先

・厚生労働省

FAX:03-3581-6251

e-mail:corona-2020@mhlw.go.jp

・北海道

北海道保健福祉部感染症対策局感染症対策課

FAX:011-206-0732

e-mail:covid.chiikishien@pref.hokkaido.lg.jp


□少なくとも、以下のいずれかに該当する場合はすぐにご相談ください。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。

症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

 

□妊婦の方へ

念のため、重症化しやすい方と同様に、お早目にご相談ください。

 

□お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児科医院にご相談ください。かかりつけ医が決まっていない・わからない場合は当センターへご相談ください。

 

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター

 

一般的なお問い合わせは

 

ご自身の症状に不安がある場合など、上記以外で一般的なお問い合わせについては、下記までご相談ください。

〇北海道名寄保健所 電話番号 01654-3-3121 受付時間 平日:8:45~17:30 

〇厚生労働省相談窓口 電話番号

0120-565653(フリーダイヤル) 受付時間 9:00~21:00(土日祝日も実施)  

 

新型コロナウイルスとは

 

ウイルス性の風邪の一種です。 特徴として、発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)があります。  

 

新型コロナウイルスの感染を予防するには

 

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染※1によりうつるといわれています。 石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください。 咳などの症状がある方は、ドアノブなどを介して他者にうつす可能性もありますので、咳エチケット※2を行ってください。特に屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いるときはご注意下さい。 また、持病がある方などは、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。   ※1 飛沫感染と接触感染について

飛沫感染 感染者のくしゃみ、咳、つばなどと一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻に触れると粘膜から感染します。

  ※2 咳エチケットとは 「咳エチケット」とは、感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。 詳しくはこちら→咳エチケットについて  

 

剣淵町内での新型コロナウイルス発生状況

 

剣淵町での感染状況は以下の通りです。

前週 前々週
1 2

前週:令和4年9月18日(日)~令和4年9月24日(土)までの7日間累計

前々週:令和4年9月11日(日)~令和4年9月17日(土)までの7日間累計

 

※引用元:道内の市町村別感染状況(北海道保健福祉部ホームページ)

北海道内での新型コロナウイルス発生状況

 

〇北海道内の新型コロナウイルスに関連した感染症の患者発生状況は、こちらでご確認ください。

→ 「道内の発生状況一覧(北海道保健福祉部ホームページ)」

 

 

参考(外部リンク)

 

新型コロナウイルスの情報が掲載されています。 随時、更新されますので、参考にしてください。  

厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルスについて」
北海道ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」

 

情報発信元

 

剣淵町仲町28番1号 剣淵町健康福祉総合センター 電話:0165-34-3955