トップページヘ 町の概要 観光情報 イベント情報 移住・定住情報 アクセス






子どものために
支給認定 保育所 広域入所 子育て支援センター 一時保育事業
出産記念品贈呈事業 学童保育所
要保護児童対策地域協議会 剣淵町子ども医療費助成事業 児童手当 児童扶養手当
特別児童扶養手当 遺児手当 ひとり親家庭等医療給付事業
剣淵町次世代育成支援行動計画(後期計画)(PDFファイル)
支給認定

■支給認定について

平成27年4月から始まった「子ども・子育て支援新制度」では、施設型給付施設(保育所、幼稚園、認定こども園)と地域型保育給付事業(小規模保育、家庭的保育、事業所内保育、居宅訪問型保育)の利用を希望する場合、町が利用者の費用の一部を給付費として負担します。
支給認定の申請を行うと子どもの年齢や保育の必要性に応じて、1・2・3号認定の3つの区分から認定されます。また、認定区分によって利用できる施設や時間が変わります。

認定区分

年  齢

保育の必要性

教育・保育時間

利用できる施設

1号認定

満3歳以上

なし

教育標準時間
(4時間利用)

幼稚園
認定子ども園(幼稚園部分)

2号認定

満3歳以上

あり

保育標準時間
(11時間)
保育短時間
(8時間)

保育所
認定子ども園(保育所部分)

3号認定

満3歳未満

上記
地域型保育事業

※剣淵町は保育所1か所のみ
※なお、新制度に移行しない幼稚園については、これまでと利用手続きなどは変わりません。支給認定は不要です。

■保育を利用するには

保育を利用する(2・3号認定を受ける)ためには、保育を必要とする事由のいずれかに該当することが必要です。保育を必要とする事由と保護者の状況により、利用時間が標準時間(11時間)と短時間(8時間)に区分されます。

保育を必要とする事由

保育必要量の認定

保育標準時間

保育短時間

@就労

月に48時間以上労働している場合

就労時間により判断

A妊娠・出産

妊娠中、または出産後まもない場合

B疾病・障がい

怪我や病気、心身に障がいがある場合

申請内容により判断

C介護など

病人や心身に障害がある親族を常時介護などしている場合

D災害復旧

災害、風水害、火災等の復旧にあたっている場合

E求職活動

親が求職活動を継続的に行っている場合

申請時間により判断

F就学

親が就学中である場合

G虐待・DV

虐待やDVのおそれがある場合

H育児休業中の継続利用

育児休業取得時に既に保育を利用している子どもがいて、休業中も継続利用することが必要と認められる場合

申請内容により判断

Iその他

町長が特に保育の必要があると認めた場合

※保護者の「保育を必要とする事由」が異なる場合などは、どちらかが保育短時間と判断された場合、保育短時間として認定します。
※なお、「保育標準時間」に該当する方であっても、「保育短時間」の認定を希望される場合は、「保育短時間」として認定します。

■支給認定申請の手続き

下記の書類を、住民課環境民生グループに提出してください。

申請内容

提出書類

保育所などへの入所申込みを同時に行う場合

・入所申込みに必要な書類
施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(PDF)
保育料口座振替依頼書(PDF)
・保育の必要性を証明する書類(保育を希望される方のみ)
・市町村民税の課税状況の確認できる書類(転入された方など)

※町外の幼稚園や認定こども園などに入園予定の方は、入園予定の施設に直接申込みを行ってください。詳しくは、入園予定施設へご連絡ください。
※新制度に移行しない幼稚園については、これまでと利用手続きは変わりません。

支給認定証のみを必要とする場合

施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(PDF)
保育料口座振替依頼書(PDF)
・保育の必要性を証明する書類(保育を希望される方のみ)
・市町村民税の課税状況の確認できる書類(転入された方など)

認定区分や認定要件の変更を行う場合

施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定変更申請書(PDF)
・その他必要書類
・施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定証

支給認定証の再交付の場合

施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定証再交付申請書(PDF)

※市町村民税の課税状況の確認できる書類については、下記のとおりです。
●4月〜8月の保育料決定に必要な書類 ⇒ 前年度市区町村民税(非)課税証明書など
●9月〜3月の保育料決定に必要な書類 ⇒ 今年度市区町村民税(非)課税証明書など
市区町村民税(非)課税証明書は、「特別徴収税額通知書」(会社員等の場合)または「納税通知書」(自営業などの場合)に代えることができます。

■保育料

保育料一覧(PDF)
※毎月25日が納期限となります。
※毎年9月に保育料の切り替えを行います。
※原則口座振替といたします。ご利用できる金融機関は、北星信用金庫・北ひびき農協になります。
申込時に「保育料口座振替依頼書(PDF)」を提出して下さい。

■様式

施設型給付費・地域型保育給付費等 支給認定申請書(PDF)
施設型給付費・地域型保育給付費等 支給認定内容変更届(PDF)
施設型給付費・地域型保育給付費等 支給認定変更申請書(PDF)
施設型給付費・地域型保育給付費等 支給認定証再交付申請書(PDF)
保育料口座振替依頼(PDF)

住民課環境民生グループ
TEL 34−2121(内線412)

 

保育所


絵本作家 あべ弘士 絵

■剣淵町の保育施設

施設名

住所

電話番号

定員

剣淵町保育所

北海道上川郡剣淵町西町4番1号

0165-34-2644

90名




剣淵町保育所に入所するには
保育所に入所するには、次のいずれかに該当しなければなりません。

@就労

月に48時間以上労働している場合

A妊娠・出産

妊娠中、または出産後まもない場合

B疾病・障がい

怪我や病気、心身に障がいがある場合

C介護など

病人や心身に障害がある親族を常時介護などしている場合

D災害復旧

災害、風水害、火災等の復旧にあたっている場合

E求職活動

親が求職活動を継続的に行っている場合

F就学

親が就学中である場合

G虐待・DV

虐待やDVのおそれがある場合

H育児休業中の継続利用

育児休業取得時にすでに保育を利用している子どもがいて、休業中も継続利用することが必要と認められる場合

Iその他

町長が特に保育の必要があると認めた場合

■開所時間

【平 日】 午前7時30分 〜 午後6時30分
◇標準時間  午前7時30分 〜 午後6時30分 (11時間)
◇短時間    午前8時 〜 午後4時 (8時間)

【土曜日】 午前7時45分 〜 午後4時まで
※日曜日・祝日・年末年始休み

■給食について

給食は、お子さんの体質の関係など特別心配なことがありましたらご持参をいただく場合があります。
また3歳児以上は主食をご持参願います。 保育所では、お子さんたちに「食」に興味や関心を持ってもらうため、実際にお子さんたちで野菜を育て収穫の喜びを実感し、その野菜を使った給食を食べる等を行い、食育に意欲的に取り組んでいます。

■入所申込み

下記の書類が必要となります。(書類は、住民課環境民生グループ、または、剣淵町保育所にあります) 入所日などについては、保育所で面談を行い決定します。

入所申込書(PDF)
家庭状況調査票(PDF)
保育料減免申請書(PDF)

保育の必要性を証明する書類(下記のとおり)

保育の必要理由

証明書類

1. 就労

就労証明書(PDF)

2. 妊娠・出産

母子手帳の写しなど

3. 疾病・障がい

病院の診断書、身障手帳の写しなど

4. 介護など

病院の診断書、介護保険被保険者証の写しなど

5. 災害復旧

り災証明書、被災証明書など

6. 求職活動

求職活動証明書の写しなど

7. 就学

在学証明書など

8. 虐待・DV

相談機関の証明書類など

9. 育児休業中の継続利用

育児休業取得証明書(PDF)など

10.その他

町長が必要と認める書類

※支給認定を受けていない方は、支給認定手続きを行う必要があります。
その場合の必要書類は、下記のとおりです。

@施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(PDF)
A市町村民税が確認できる書類(保育料決定のために必要な書類)
※保育料は、毎年9月が保育料の切り替え時期となります。
※市町村民税の課税状況の確認できる書類については、下記のとおりです。
●4月〜8月の保育料決定に必要な書類 ⇒ 前年度市区町村民税(非)課税証明書など
●9月〜3月の保育料決定に必要な書類 ⇒ 今年度市区町村民税(非)課税証明書など
市区町村民税(非)課税証明書は、「特別徴収税額通知書」(会社員等の場合)または「納税通知書」(自営業などの場合)に代えることができます。
B保育料口座振替依頼書(PDF)

■様式

入所申込書(PDF)
家庭状況調査票(PDF)
保育料減免申請書(PDF)
就労証明書(PDF)
育児休業取得証明書(PDF)

お問合せ先
住民課環境民生グループ
TEL 34−2121(内線412)


 

広域入所

保育施設などを利用する際、基本的には居住する市区町村の保育施設などをご利用いただくことになりますが、里帰り出産などの理由により、居住する市区町村以外の保育施設などを利用することを広域入所といいます。
この広域入所を利用する場合は、居住する市区町村の担当窓口で、お手続きをしていただくことになりますので、添付書類については、入所希望先の保育施設などで定められておりますので、その市区町村の担当窓口でご確認ください。
※広域入所を実施していない市町村もありますので、広域入所を実施していない場合は、市区町村間で協議ができませんので、お申込みができない場合があります。

●他の市区町村から剣淵町保育所を広域入所で利用を希望する方

居住している市区町村でお手続きを行ってください。

●剣淵町から他の市区町村の保育施設などを広域入所で利用を希望する方

役場住民課環境民生グループでお手続きを行ってください。


住民課環境民生グループ
TEL 34−2121(内線412)


子育て支援センター

子育てを楽しく!親も子も生き生きと過ごしたい。

そんなお母さん、お父さんの思いがかなうように・・・
剣淵町保育所では就学前の地域の子育てを応援します。

■保育所開放(わくわく広場)
保育所入所前の親子に保育所を開放します。
保育所の遊具で自由に楽しく遊びましょう。場所は剣淵町保育所子育て支援センターです。

*開設日・時間*
わくわく広場 ・・・ 毎週月・木曜日 10時〜12時 13時〜15時  毎週水曜日 10時〜12時
赤ちゃん広場 ・・・ 毎週金曜日 10時〜12時

■剣淵町保育所遊びの広場(ちびっこあそびタイム)
保育所以外の場所で、親子で遊びましょう。
色々な遊びを提供します。場所は絵本の館体験教室です

*開設日・時間*
毎月第1・2・3火曜日10時30分〜11時30分

■子育て相談
育児に関する悩み、不安をお持ちの方、お電話や直接遊びに来た時にでも、気軽にお話ください。

*開設日・時間*
9時〜16時(平日のみ)

■子育てに関する情報の提供
・情報誌などを通して子育てを応援します。
・子育て講演会の開催や親子で一緒に楽しめる催しなどを予定していますので、詳しい日程などは、広報や情報誌等でお知らせします。


剣淵町子育て支援センター
剣淵町保育所内 
TEL 34−2644
FAX 34−2716

 

一時保育事業

保護者の就労や出産、介護、育児疲れのリフレッシュなどの理由で一時的に保育が必要となったお子さんを保育所でおあずかりします。

☆非定型的保育

保護者の就労形態や、技能習得のための職業訓練校への通学、大学就学などによって、ご家庭での保育が断続的に困難となるお子さんをおあずかりします。

☆緊急保育

保護者の病気や出産、ご家族の看護や冠婚葬祭などで、ご家庭での保育が一時的に困難となるお子さんを1カ月を限度としておあずかりします。

☆私的理由による保育

保護者の育児に伴う心理的・肉体的負担の解消やご兄弟の行事などのために、一時的にお子さんをおあずかりします。

■児童の年齢について

おあずかりできるのは、満1歳から小学校就学前のお子さんです。

■保育時間について

原則として週3日または月12日以内とし、半日利用の場合は1日とみなします。ただし緊急保育サービスは原則として1カ月を限度とします。
午前8時から午後4時までの間で、保育が必要な時間におあずかりします。 土曜日、日曜日、祝日及び年末年始(12月29日〜1月6日)は休所します。また保育所の行事等に重なる場合については預け入れをお断りする場合があります。

■給食について

給食は、保育所に通所している他の児童と同じ給食を提供します。

■安全と健康管理について

  1. 申請の時にお子さんの健康状況をお聞きしますので、くわしくお話しください。お子さんの健康状態によっては、おあずかりできない場合があります。
  2. 一時保育中での発病や事故の場合は、保護者に連絡をしますので、緊急時の連絡先をお知らせください。

■保育料について

  1. 年齢の基準は、月の初日となります。
  2. 保育料は、世帯の所得状況によって減免制度があります。
  3. 利用当日無断で欠席の場合は、申込み時間の保育料をいただきますのでご注意ください。

3歳未満児

日額  2,000円(4時間以内の利用  1,000円)

3歳児以上

日額  1,800円(4時間以内の利用  900円)

■申し込みについて

  1. 一時保育を希望される方は、事前に登録が必要になります。「一時保育利用申込書」に必要事項を記入し提出していただきます。ご相談や申し込みの受付けは役場住民課、剣淵町保育所で行います。
  2. 申込みの際に、お子さんの健康状態についてお聞きしたり、必要な持ち物をお知らせします。
  3. 剣淵町保育所内に子育て支援センターを開設していますので、一時保育を希望される方は、ぜひご自由に参加をいただき、施設の様子などをご覧ください。

■利用についてのお願い

利用する場合は利用希望日を利用日の5日前までに、事前に「一時保育利用届出書」を提出していただきます。なお、緊急の場合については電話でお受けいたしますが、後ほど一時保育利用届出書を提出していただくことになります。
勤務先の変更など事情が変わる時は、事前に保育所に連絡をお願いします。
1日の利用人員はおおむね2人を限度としておりますので、利用人員によっては利用を制限させていただくことがあります。

剣淵町保育所
TEL: 34-2644 FAX: 34-2716

出産記念品贈呈事業


出産記念品贈呈式(絵本の館)

誕生を祝して・・・

 剣淵町では、誕生されるお子さんが健やかに育つ願いとともに温もりのある町づくりをめざして、平成19年度から町内で誕生されたお子さんを対象に出産記念品「君の椅子・絵本・誕生カード」を贈呈しています。この出産記念品贈呈事業を通じてご家族の子育てライフをサポートし、家庭と地域の子育て機能を高めるための環境整備を進めています。出産記念品の贈呈についてはお子さんの誕生日から百日前後に、町、自治会、絵本の里を創ろう会から絵本の館において贈呈をさせていただきます。

■君の椅子・・・・世界でひとつの椅子
生まれてくる子どもたちに道産材の「椅子」を贈るこのプロジェクトは、旭川大学大学院ゼミ生の思いから立ち上がり、始まったプロジェクトです。すでに取り組まれていた「東川町」に続き、本町もこの趣旨に賛同し、出生された家族にこの椅子を贈呈しています。この椅子にはお子さんの名前・生年月日などが刻印されます。

■絵本・・・やさしさの贈り物
絵本は、思いやり、優しさ、勇気、愛・・・色々なことを人々に伝え、教えてくれます。小さな絵本がもたらしてくれるこうした夢や豊かな心をまちづくりや人づくりに生かすことが剣淵町のめざす絵本の里づくりです。
贈呈式においては、親と子でふれあいながら楽しめるように、絵本をプレゼントいたします。


■誕生カード・・・パパ・ママを応援します。
子育て支援センター(剣淵町保育所内)では、子育てを楽しく、親も子もイキイキと過ごしてもらいたい。そんな思いから小学校就学前のお子さんを持つ子育て家庭を応援しています。お誕生を祝し、メッセージカードと手づくりおもちゃをお贈りさせていただきます。また贈呈式終了後、引き続き絵本の館体験教室においてブックスタート事業を実施しています。


学童保育所 〜 みどりがくどう「つちのこ館」



 学童保育所は放課後の保育が困難な小学生の児童を保護者にかわり保育を行い、児童の放課後の安全で健全な育成を図ることを目的に設置しています。

○開設場所
剣淵町西町23番2号(剣淵小学校敷地内)

○対象児
小学生

○開所期間及び開設時間等
■開所期間
月〜金曜日、第2・第4土曜日、夏・冬・春休み、小学校の振替休業日
(開設日は小学校などの行事によって変わる場合があります。)

■開設時間
・月〜金曜日:下校時〜午後5時30分
・第2・第4土曜日:午前8時15分〜午後4時15分
・夏・冬・春休み・小学校の振替休業日:午前8時〜午後5時30分

■休所日
第2・4土曜日以外の土曜日、日曜日、祝祭日、お祭り・お盆、年末年始、学年末

○保育料
・登録料 2,000円(年間)
・利用料 200円(日額)
※緊急利用の場合、250円(日額)となります。
※兄弟で登録している場合の登録料・利用料は、下記のとおりです。
 ・登録料:一番上の児童以外の登録料が1,000円になります。
 ・利用料:一番下の児童以外の利用料が100円になります。
なお、生活保護世帯は全額、ひとり世帯は半額となる減免措置があります。
○入所申し込み
入所については、登録制となっていますので、事前に手続きが必要になります。 なお、緊急時の場合についても随時利用することができますので、お問い合わせ下さい。


剣淵町役場住民課環境民生グループ
TEL 34−2121(内線412)

剣淵町学童保育所
TEL・FAX 34−2333




前のページへ戻る